2008年08月17日

[movie][★☆☆☆☆]サッド ヴァケイション

サッドヴァケイション プレミアム・エディション [DVD]サッドヴァケイション プレミアム・エディション [DVD]
出演:オダギリジョー
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2008-02-27
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


すべてを包み込み美しく生きるゆるぎない女たちの物語。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
北九州市、若戸大橋のたもとにある小さな運送会社。
社長の間宮は、かつてバスジャック事件の被害にあった梢のほか、
様々な理由から行き場のない人たちを住み込みで雇っていた。
ある日、妻、千代子がかつて捨てた男との間に出来た息子の
健次が会社に現れた。千代子は健次と、妹分で知的障害者の
ゆりを家に住まわせ、間宮はそれを快く受け入れた。
一見、楽しげに働くフリをしながら、健次は母への復讐を狙っていた。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

サッド ヴァケイション@映画生活
サッド ヴァケイション@allcinema
Official Web Site

で?なにがいいたいの?
女は強いっていいたいの?
それは男が情けないからでしょ??

この話に出てくる女性、すべて共感できました。
というか、男がだらしなさ過ぎる。
結局女性に許されて生きている生き物なのね。

だから、何をしてもいいとでも?

わたしは決して、この映画を評価できません。
女性に対して失礼でしょ。
もしこれが最大級に敬意を払っている映画だとしたら
ちょっと考えを改めた方がいいかも、と言いたい。

自分の調子がいいと、強気に出て
調子が悪いと、甘えてみたりする。

あなたのママじゃないんですけど。
posted by gako at 08:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

[movie]愛の流刑地

愛の流刑地 [DVD]愛の流刑地 [DVD]
出演:豊川悦司
販売元:東宝
発売日:2007-07-27
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


もう、だれにもさわらせない

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ベストセラー作家、村尾菊治は長年のスランプに悩まされていた。
妻と別居して10年以上経ち、今は大学の講師で生計を立てていた。
ある日、雑誌記者の魚住から京都に呼び出され、冬香を紹介される。
一目で恋に落ちた二人。村尾は冬香と数時間の逢瀬のために京都へと通った。
夫と子供を持つ従順な女である冬香は、最初はためらうが、
村尾との逢瀬を楽しむようになる。
やがて冬香の行動は徐々におかしくなり…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

愛の流刑地@映画生活
愛の流刑地@allcinema
Official Web Site

さて。なんというべきか。

男はなんて馬鹿なんだろう、というべきか。

これを純愛と思っているなら、なんて菊治は愚かなんだろう
と思います。冬香を愛したばっかりに、人生を捨ててしまった。

わたしは。恋愛経験が少ないのでよくわからないのですが
わたしでもあんな風になるのでしょうか?
相手に依存しすぎて、どうにも動けなくなるような、そんな状態。

けど、きっとならない。
だって、絶対になりたくないと思っているから。
相手にも、そんなもの望みません。
望むのは、私と共に歩んでいくこと。

最上級の束縛を残して、冬香は死にました。
人の気持ちが変わる事を知っているから、
だから絶対に逃れられない、犯罪者という束縛。
菊治も、やがて心境の変化が訪れたときに
ものすごく後悔すると思います。今はよくてもね。

愚かな女にだけは、なりたくありません。
何かで自分に縛り付けるくらいなら、離れられないくらいの
いい女でいたい。
posted by gako at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

[movie]ゆれる

ゆれる [DVD]ゆれる [DVD]
出演:オダギリジョー
販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007-02-23
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


あの橋を渡るまでは、兄弟でした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。
父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。
翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。
智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、
一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、
橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。
そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する
稔の姿だけがあった…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ゆれる@映画生活
ゆれる@allcinema

この映画の感想を、うまく伝えられないのは
私の中でこの映画が消化できていないからだと思います。

一番最悪の精神状態のときに、半ば逃避行気味に見た映画です。
前々から気になっていた、けどその内容の重さに、見るのを
躊躇していた映画でもありました。

ゆれる。

思い当たる節がありすぎて、だからこそ目をそむけていたタイトル。

見終わった後、号泣でした。
今までで一番泣きました。

それがどの部分だったのか、映画の内容に感動したのか
それとも精神状態が悪かったせいなのか。

未だに消化できていないということは
きっと内面の問題のせいだったと思っています。

出来のいい弟と、家のことを押し付けられた兄と。
弟の残酷な無知さとか、兄のひねくれた感情とか。

わたしは、妹で。
同じように東京に出てきていて。
兄は実家で、両親と暮らしている。

そんな境遇が、似ているからかもしれません。

最近よく、兄弟の考え方の違いや
性格の違いを、考える場面があります。

そういうのも、あったのかもしれません。

とにかく、わたしは。
それでもわたしとして生きなければいけないんだと。
誰かの境遇に同情しても、うらやましいと思っても
考え方が理解できなくても、真似しようと思っても
それでも、わたしはわたしで。
他の誰かにはなれないと
だからわたしのまま、一生懸命生きるのだと

そんなことを、考えたのかもしれません。
posted by gako at 09:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

[movie][★★★★★]相棒ー劇場版ー

相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン〈通常版〉 [DVD]
出演:水谷豊
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2008-10-22
おすすめ度:3.0
クチコミを見る


必ず、追いつめてみせます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
右京と薫は連続殺人事件を捜査を開始するが、
犯人を挙げることが出来ない。さらに犯人は都心で実施される
マラソン大会を狙うことが判明。3万人の出場者と5万人の
観客を危機から守るべく、ふたりは行動を開始する。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

相棒ー劇場版ー@映画生活
相棒ー劇場版ー@allcinema
OfficialWebSite

TVドラマは好きでよく見てましたが、この度劇場版に
なったということで、GWを利用して見に行ってきました。

右京さんの知能派っぷりと、薫の本能タイプが
かみ合わないようでかみ合っていて。
そんな心地よさが大好きです。タイプは全然違いますが
お互いを理解していて、それぞれの良さが生きている感じ。

刑事モノのドラマって結構昔から見ています。
それこそアブナイ刑事が大好きで。
踊る大走査線も大好きですよ。
あ、刑事でもドラマでもないけど、一番好きな漫画は
シティーハンターだったりする。
ヒーロー的存在に憧れてるんでしょうね。

実際観てみて、こんなにも社会派な内容だとは思って
いませんでした。そうまでして、日本という国の
秘密を暴こうとするって、並大抵なことじゃない。

この事件を通して、人間の身勝手さを改めて感じました。
だけど、きっとそれが人間という生き物であり
変な知恵を手に入れてしまった為に、お互いがお互いを
滅ぼす存在になってしまっているんじゃないかと、
そんなことを思いました。

正しく生きて生きたい。
けど、きっと、同じように
身の上におきたことしか覚えてられないと思います。
そしてそれも、時と共に薄れていくものでしょう。
それが、生きていくには必要な能力であり
悲しくても、そのおかげで楽しい毎日なんですよね。

清く正しく。それがわたしの目標ですね。
posted by gako at 12:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

[movie]ITバブルと寝た女たち

ITバブルと寝た女たち (1WeekDVD)ITバブルと寝た女たち (1WeekDVD)
出演:三津谷葉子
販売元:株式会社アートポート
発売日:2009-10-02
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


私を抱いていたのは
バブルという名の「虚像」


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
女優を夢見て田舎から上京したきた碧。狭いアパートを借り、
日々稽古に明け暮れていた。ある日、碧は劇団仲間の麻美に合コンに誘われる。
そこは若い起業家やいわゆる御曹司たちの出合いのパーティのようなものだった。
碧は、偶然にも新興ITベンチャーのオーナー社長・小田島と知り合う。
やがて碧はネット配信ムービーの小さな役を得るが、
なかなかセリフが覚えられず、演技もままならなかった。
そんな時、小田島が現場に現れた…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ITバブルと寝た女たち@映画生活
ITバブルと寝た女たち@allcinema
Official Web Site

タイトルはちょっと過激ですが、、、
自分もIT業界にいる身として、気になってしまいました。

ITバブルって本当なのか?わかるようでわからない世界にいます。
かつてのバブル期のように、IT系企業の社長さんたちは
本当にあんな生活をしているのかなぁ?
高級マンションに住み、好きな女に貢ぎ
でも、そのお金はやばいところから調達していて
事業が立ち行かなくなると業務提携を行い、お金をきれいにして
やばいところに納める。
本当にそうなの?

感覚が麻痺してしまったが故に普通の人を好きになり、
でもその生活が手に入ると、また遊び歩く。
その性格、どうなの?と思いますよね。

だからルックスがいい人って嫌いなんだぁ!!
posted by gako at 12:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

[movie]パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [DVD]パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち [DVD]
出演:ジョニー・デップ
販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006-12-06
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
海賊たちが大海を牛耳っていた頃、カリブ海の英国植民地の港町。
ある日、総督のひとり娘エリザベスが極悪非道な海賊バルボッサ一味にさらわれる。
どうやら狙いは彼女が幼い頃から隠し持つ黄金のメダルらしい。
エリザベスは機転を利かせて海賊に取引を持ちかける。
その頃、英国海軍だけでなく、彼女を愛する鍛冶屋のウィル・ターナーも、
自らキャプテンと名乗る一匹狼の海賊ジャック・スパロウの
助けを借りて救出に乗り出す…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち@映画生活
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち@allcinema

3部作の第3作が公開だというのに、第1作を初めて観ました。

前々からうわさだけは聞いてたのですが、面白かった!

昔から、社会派な映画を好んで観ていて。
でもそういう映画って、いろいろ考えたり、裏にある心理を読んだりで
疲れちゃうんですよね。
特に最近は仕事が忙しくて、OFFの時間まであまり頭を使いたくなくて
DVD熱もかなり冷めてるし。

そんな中、なんだか気楽に観れました。
娯楽映画って感じがとてもよかったです。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』って、あの
ディズニーランドにある『カリブの海賊』ですよね?
結構好きで乗った乗り物ですが、全くイメージがなく。
同じようなセットのところとか、あるんでしょうか??
次にディズニーランドに行ったときに、確認してきたいと思います。
posted by gako at 19:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

[movie]ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 [DVD]ナイロビの蜂 [DVD]
出演:レイフ・ファインズ
販売元:日活
発売日:2006-11-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


地の果てで、
やっと君に帰る。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
それは、しばしの別れのはずだった。
英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港から
ロキへ旅立つ妻テッサを見送った。
「行ってくるわ」「じゃ2日後に」
それが妻と交わす最後の会話になるとも知らずに…。
ジャスティンに事件を報せたのは、高等弁務官事務所所長で、
友人でもあるサンディだった。
テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺された。
彼女は黒人医師アーノルドと共に、スラムの医療施設を改善する救援活動に励んでいた。
今回もその一環のはずだったが、同行したアーノルドは行方不明、
警察はよくある殺人事件として事件を処理しようとする…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ナイロビの蜂@映画生活
ナイロビの蜂@allcinema
Official Web Site(Japanese)
Official Web Site(English)

ずっと気になっていた映画の一つでした。

奥さんが謎の死。旦那さんがその謎に迫る。
なんだかおもしろそうじゃないですか?
結構そういう映画、好きなんですよね。

でも。
なんだか見終わって旦那さんがかわいそうになりました。
愛ってなんだろう?


巻き込みたくないから、と詳細は一切伝えていなかった。
でも殺されるような過激なことをしていた。

気持ちはわかる。でも自己満足でしょ?と思う。
相手のことを思えば、直接言わなくても
何かしら残しておいたりすればよかったんじゃないの?
結局旦那さんは奥さんと同じ軌跡をたどり、殺される。

わたしはまだ結婚してないので、あくまで理想ですが。
夫婦は同じものを見ていなければうまくいかない、と思っています。
それは別に、同じ趣味である、同じ価値観である、と言っているわけではなく。
お互いを理解していないと、うまくいかないんじゃないかなーって。

絶対に知ることがないなら隠していてもいいけど
周りから知らされるのってすごく辛いと思うんですよね。
愛していれば、なおさら。

わたしは
理解しあえる関係でいたい。
posted by gako at 20:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

[movie]男たちの大和/YAMATO

男たちの大和 / YAMATO [DVD]男たちの大和 / YAMATO [DVD]
出演:反町隆史
販売元:東映
発売日:2006-08-04
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


もう会えない君を、守る。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、
憧れの大和を前にし目を輝かせていた。
しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。
神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、
彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。
そして翌年の4月。米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、
大和は沖縄特攻の命を下される。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

男たちの大和/YAMATO@映画生活
男たちの大和/YAMATO@allcinema
Official Web Site

公開終了ぎりぎりに映画を見て、泣きました。
週末テレビでもやっていたので、改めて見ましたが
やっぱり泣きました。。。

戦争映画でここまで、心情を描いているものって、
今まであまり見たことがありません。

何が泣きどころかって、やっぱり
戦争はキレイゴトじゃないってことです。

たった15歳で、国のために命を懸けなきゃいけない。
国じゃなくても、親とか、大切な人とか
そういう人のために命を懸けて戦わなきゃいけない。

だれも、死にたくはなかったんですよね。
だれも、死なせたくはなかったんですよ。

だけど本音の言える環境なんてどこにもなくて
あるのは建前と理屈だけで。

そういうのをリアルに感じる
そんな映画だと思います。
posted by gako at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。