2006年06月23日

〔music〕福山雅治/milk tea

B000F6YR26milk tea/美しき花
福山雅治 井上鑑
ユニバーサルJ 2006-05-24

by G-Tools


「恋するハニカミ」のテーマソングです。
女性目線でかかれている曲。
本人が番組にゲストで出演していたとき
「願望です」って言ってました。
女性はこんな風に考えてるんじゃないか、っていう願望。

この歌、やばいです。
遠距離恋愛している人には、特にやばいんじゃないかって思います。
久しぶりに、シングルCDを買いそうな勢いでした。
(でも我慢してレンタルにしましたけど。)

「愛したい あなたに逢いたい
いまこの胸の奥で 叫んでるよ」
posted by gako at 08:47| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

〔music〕レミオロメン/太陽の下

B000E6GBGW太陽の下 (初回限定盤)
レミオロメン 藤巻亮太 小林武史
ビクターエンタテインメント 2006-03-01

by G-Tools


最近大注目のレミオロメンです。
例のごとく、よく知らないのでちょっとネットで調べてみたら
あら、タメなのね。

この「太陽の下」のサビへの盛り上がり方はかなり好きです。
それから、声を張り上げて歌うサビの部分。
ぐっと来るものがありますね。

5月に「蒼の世界」「粉雪」「太陽の下」を含むアルバムが発売されるようです。
買わないと!!
posted by gako at 13:05| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

〔music〕Aqua Timez/等身大のラブソング

B000AA7BWU空いっぱいに奏でる祈り
Aqua Timez
インディペンデントレーベル 2005-08-24

by G-Tools

Aqua Timez

この間音楽戦士という番組を見ていたら、
有線でインディーズながら4週連続1位だという、
Aqua Timezの『等身大のラブソング』という歌が流れました。
これがすごくイイ!
すっと体に入ってくる曲調とか歌詞とか。
もしモデルになるような人がいたのなら、
その人はすごく愛されてるんだなーって感じました。

CDを借りようと思ってTSUTAYAに行ったんですけど
探せませんでした。インディーズだからかなぁ。
アルバム買おうかなぁと思っています。


『100万回の「愛してる」なんかよりも 
ずっとずっと大切にするものがある

俺は何も言わずに抱きしめるから
おまえは俺の胸の中で幸せな女になれ』


でもわたしは
愛してるって言われたいですね。
やっぱり言葉も大切だと思います。
posted by gako at 12:40| 東京 ☁| Comment(13) | TrackBack(4) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

〔music〕田村直美/あきらめられない夢に

『Thanx a Million〜The Singles of Naomi Tamura』
というアルバムで聴きました。実は2ndシングルでした。
アルバムの発売は、1996.12.21。
わたしがまだ高校の頃でした。

彼に夢の実現のチャンスがやってきた。
でもそのためには自分と離れなければいけない。
彼は、自分のために断ると言ってくれているが、
あきらめられない様子が良くわかる。
自分としても離れたくないが、、、
彼のために、自分はここに残って待とうと決めた。
彼がどこからでも見つけられるように、
自分はここで頑張って高く跳ぼうと。
喜ぶ彼の顔が誇らしかった。

というような曲です。

好きでしたね、この曲。
ほとんど恋愛もしたことなかったくせに
この「彼女」をカッコイイと思った。
わたしも、こんな女になろうと思いました。
今でも気持ちに変わりはないところをみると、
そのときの思いは間違ってなかったようです。
相手の想いを尊重したい。
自分のわがままを押し付けたくない。
それは我慢とは違うと思うんです。
相手と対等でいること、それがわたしの目指す
恋愛の姿ですね。
でも、そのためには相手の性格や考え方も
重要になってくるのですが。。。
posted by gako at 12:41| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

〔photo〕旅行写真

ちょっとだけ公開します。
でもどうも、わたしの写真はマニア受けみたい。。。

ペットボトルたれぱんだ
空セミ
橋実
草わたし
牛万博
posted by gako at 16:29| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

〔book〕石田 衣良/エンジェル

4087474763エンジェル
石田 衣良
集英社 2002-08

by G-Tools


先日のうつくしい子どもに続き、石田 衣良の本です。

物語は、主人公が殺害され、霊になり、自分の遺体を埋めている現場と遭遇する
ところから始まります。そして赤ちゃんの頃からの記憶をたどる旅が始まり、
それも殺害される2年前で止まります。そして2年間が空白のまま、この世に幽霊
として存在する事となりました。
それから、2年間を埋める調査が始まります。

彼は、ある会社を経営してました。それは個人投資会社。
彼の父はかなりの資産家で、主人公の母は彼を産んだときに亡くなりました。
そして彼の父は後妻を迎える際、10億円で彼との縁を切りました。
そのお金を、当時アルバイトしていたゲーム会社に投資したことから、
彼の会社は設立されます。

2年間の間に、自分のやり方とは思えないような金銭の流れがありました。
それらを追求していく間に、空白の2年間と自分の殺害の理由が明らかに
なっていきました。。。


という話なのですが。
うーん、なんとなく、うつくしい子どもの方が好きだったなぁ。
おもしろくないわけではないのですが、どうも描写が細かすぎる感じ。
最初の記憶をたどるところはそれなりに楽しめたのですが、
2年間を探るところは、途中で読み疲れてしまいました。

でも、文章の書き方はやっぱり好きな部類なので
別な本も読んでみようかと思います。
posted by gako at 19:39| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(3) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

〔book〕石田 衣良/うつくしい子ども

4167174057うつくしい子ども
石田 衣良
文芸春秋 2001-12

by G-Tools


「池袋ウエストゲートパーク」の著者、と言えば知っている人が増えるのでしょうか?
わたしもドラマは見てました。その人の書く本ってどんなだろうって興味がありました。

この本は、13歳の弟が猟奇殺人をした、その1コ上の兄の視点と
その事件を取材する新聞記者の視点で書かれています。
弟が殺人を犯したせいで、その家族に向けられる社会からの非難、嫌がらせ
それによって成長していく兄の姿。それがすごくリアルに描かれています。

兄は、弟がなぜ殺人を犯したのか、その理由を突き止めようとしました。
「それが最悪の行いでも、誰かがわかってやる必要があるのではないか」と。
「ましてや自分の弟なのだから」と。
読み進めていく中で、グッと胸をつかまれるものがありました。
それは「正義」。
弟がしたことの結果を、ちゃんと受け止めようとしている兄。
それが非難とか嫌がらせという形であらわれても、決してひねくれなかった兄。
弟がしたことで迷惑をかけている、学校の校長や友達に謝罪する兄。
そして、それを支える友達。
それぞれが自分のしている事を理解し、自分の無力さを痛感し、
でも決してそれを他人のせいにはせず、自分の中の正義を信じて生きている。
強いな、と思いました。うらやましいくらいに強い。

自分が下した決断にも責任が持てず、人の言う事にすぐ左右される
わたしとしては、その強さがどうしても欲しいのですが、、、
頑張ってもなかなか手に入らないのが現実です(-。−;)
posted by gako at 09:29| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(1) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

〔live〕みなとみらいSpecial Live/Summer Time Bonanza

http://mbs.jp/jyonetsu-sp/index2.html

情熱大陸というTBS系列の番組に出演したアーティストを集めて葉加瀬太郎が音頭をとり、
第1回目のライブが行われたのが4年前。
たまたま友達が見つけて、誘われるがままに行ってみようかな、
と思ったのがきっかけで、気づけは今年で4回目のライブに行ってきました。

とにかくいろんなジャンルのアーティストが参加するこのイベントの
その魅力は、なんと言っても「夏祭り」という雰囲気。
屋台では焼きそばやカキ氷やパエリアとかプルコギとか、あとはビールが売られ、
好き勝手食べながらくつろぎながら極上の音楽を楽しむ。
お客さんがメインで、出演アーティストはそのくつろぎの空間を演出する
というスタンスが、
バイオリンとはホールで静かに聴くものだという固定観念を崩してくれました。
そして昨日も、たくさんの衝撃を受けて来ました。
バイオリンなのにロック。ベースがいて、ギターがいて、ドラムがいる。
三味線なのにピアノとチェロと太鼓の組み合わせ。
おそらく伝統的な音楽を演奏しても超一流であろう人達が、
ジャンルの異なる人と持てる力を全部出し、ぶつかり合って出来上がる音楽。
これはもう、その場にいた人しか味わえません。
そしてわたしも、ピアノを始めたからこそ感じるものもたくさんありました。
すごくうらやましかった。
うらやましいと思うのはおこがましいのかも知れませんが、
あんな風に、自分の持てるすべてをぶつけ合って音楽を作ってみたい。
その当てもなにもないけれど、そしてそんなこと言える腕もまったくないけれど
でも、やっぱり好きなんですよね、演奏することが。
どうせやるなら、気が済むまでやってみたい。
そんなことを、ずっと考えてました。

さて、と。
そしたらまず、ピアノの練習でもしますか。
腕がないとね、何も始まらないので。

B00006C1SWThe Best Track
葉加瀬太郎 アンジェラ・ジョン ジャン・ジェン・ホワ バーシア

by G-Tools
posted by gako at 16:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

〔object〕プチテック

★ロボ工房

ロボ2

誕生日に友達からもらいました。
正式名称は「ミリモM」。
もともとはその友達が、たまたま入ったお店で見つけて
どうもツボに入ってしまったらしい。
わたしの誕生日にかこつけて自分の分も購入してました。
友達が購入したのは「コボジロー」。
目が大きくてかわいいんですけど、実は目が出てるんです。
「アサリみたい!」
と言ったら激怒してましたが、そっくり。
我ながらうまい例えだと感心してしまいました。

わたしは今までストラップをいくつも壊してきたので
携帯につけておくのはちょっと不安ですが
でもかわいいのでかなりお気に入りです。
コイツは分解しないように気をつけなきゃ。
posted by gako at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

〔object〕ルービックキューブ

B0007LBEE8ルービックキューブ(攻略本あり)
パルボックス

by G-Tools


今更?と言われそうな代物ですが、ついに買ってしまいました。

わたしがルービックキューブとちゃんと知り合ったのは大学生のとき。
友達が持っていて、自慢気に披露されました。
どれだけぐちゃぐちゃにしても、いとも簡単に5分くらいで6面そろえてしまう。
それにえらく感動し「やりたい!」と、借りて帰っちゃいました。
それには攻略本もついていたので、見れば誰でもそろえられるんですが、
目指すはその友達のように、
攻略本を見ずにどんな状態からでも5分程度でそろえられること!

結局1ヶ月くらい借りて目指すところまで行ったのですが、
返しちゃってからは触ることがなかったので、すっかりやりかたを忘れてしまいました。

そしてそれから5年。
常に心の片隅でその存在を感じつつも、探すとなかなか見つからず。
たまらずキティちゃんの顔が着いたものは買ったのですが、攻略本がない。
確かに攻略方法なんてネットにいくらでもあったのですが、
そのとき覚えた方法と一致するものがなかったんですよね。
どうもわたしが見たのはツクダオリジナルが正式に出しているもののようで。
それで慣れてしまっていたから、新しいやり方が覚えられなかったんです。

でも「今更?」という思いはわたしにもあって
このまま忘れてしまおうかとも思ったのですが、、、やっぱり欲しい!!

というわけで、ツクダオリジナル(現パルボックス)から購入しちゃいました。
攻略方法はわたしが覚えたものと同じだったし、早く昔のカンを取り戻さなきゃ☆
posted by gako at 15:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

〔object〕楽譜




4276431808ナチュラル・ウエディング ピアノ・セレクション(ゼクシィ)編
音楽之友社 2001-06-19

by G-Tools
4636295560ピアノソロ 中級 Every Little Thing/AC
ヤマハミュージックメディア 2005-04-23

by G-Tools


土曜日銀座に行ってきました。それは、先輩の結婚式で弾く曲の楽譜を仕入れるため。
1曲は決まっていて。ショパンの「ノクターンOp.9-2」。有名な曲なので聞けば分かると
思います。右手が簡単なので意外に弾きやすいですが、感情豊かに弾けるのか、が
課題ですね。これは先輩のお母様のリクエスト曲なのです。
そのほかにも、J-POPが聞きたいという本人のリクエストにより探しに行ってきた
わけですが、そこで購入したのが、ゼクシィpresentsのピアノ・セレクション。
ロビンソンとか、SAY YESとか。あとはCMでおなじみの結婚行進曲。
あの「パパパパーン」ってやつ。それらの楽譜が載ってました。
表紙もかわいかったし即決。

そのまま帰ればよかったものの、ちょっとフラフラと他の楽譜を見てたら、
最近はまっているE.L.Tの、しかも「ACOUSTIC:LATTE」の全曲ピアノソロを
見つけてしまいました。欲しい!!
高いものではないですが予定外の出費なので、うーんと楽譜とにらめっこ。
でもこういうときのわたしはものすごく意思が弱い。
次の瞬間には購入の方向で決定しちゃってました。

でも、家に帰って弾いてみたら、やっぱりいい感じなんです♪
ちょっとジャズっぽくて。
昔は難しい曲を弾ける事がかっこいいと思ってたけど、
今はそれほど難しくなくとも感情を込めて弾くのがかっこいいと思っているので
中級程度の楽譜がちょうどいいかも。初見である程度弾けて楽しめるし
物足りなくなったら自分でアレンジも出来ちゃいそうだし。
全曲弾けるように頑張ろう♪
posted by gako at 17:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

〔object〕ドイツワイン

久しぶりにワインを飲みました。
わたしが好きなのは、ドイツのワイン。
ドイツワインというと、白の甘口で有名です。
「マドンナ」って言ったら聞いたことある人多いのかな。

わたしがドイツワインを飲みだしたのは大学に入ってから。
所属していた団体でドイツワインが流行ってて、そこでいろいろ教えてもらいました。
ワインを知ってるっていうとかっこいい!というミーハーな気持ちと、
甘いワインっていうのがすごく新鮮且つおいしかったので興味を持ったんですよね。
知っているといっても、一般的なことしか知りません。
ワインの銘柄は覚えないし、買うときはいつも糖級とラベルの感じと値段で決めちゃうので。
最近は産地もちょっと気にするようになったかな。

わたしが好んで飲むのは3,000円前後のワイン。値段で選ぶのはどうかという意見も
あるかもしれませんが、同じ銘柄でも年代によって値段が違うし、
味に比例して値段設定してある気がするので、よっぽどでない限りハズレは引きません。
これより高いワインは、10,000円前後までいかないとわたしにはその値段分の満足度が
得られないので、あまり手を出しません。

参考までにちょっとだけ糖級の話をしようと思ったのですが、
詳しいHPを見つけたので、こちらを参考に。
↓↓
http://www.japan.germanwine.de/quality/

ちなみに、甘いワインが飲みたい場合は、Ausleseという糖級のワインがオススメです。
それ以上の糖級になると、だんだん甘さが濃くなって蜂蜜のようになってきます。
わたしはSpaetleseかKabinettあたりを好んで飲んでます。
posted by gako at 16:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

〔music〕E.L.T/鮮やかなもの

ACOUSTIC : LATTE (通常盤)
Every Little Thing
エイベックス・ディストリビューション 2005-02-16


by G-Tools


「ACOUSTIC:LATTE」というアルバムで聞きました。
このアルバムは全曲がアコースティック・アレンジされている
ということなので、オリジナル曲とは少し違っているのかもしれません。
でも初めて聞いたときからずっと気になってて、この曲ばかり繰り返し聞いてます。

曲も歌詞もすごく切なくて
自分も誰かを、こんな気持ちにさせたのかな、とか
こんな思いはしたくないな、とか
そんなことばかり考えてしまいます。
自分の愛する人が、自分以外の誰かを好きなった。
そのときの心理がすごく伝わってくる曲です。


最近のE.L.Tって、すごく優しい気持ちになれる曲が多くなったと思います。
いつの頃からかわたしの趣味に合わなくなって、ずいぶんと聞いてなかったのですが、
「また あした」が聞きたくて一つ前のアルバムの「commonplace」を買ったんです。
そしたらずいぶんと印象が違ってたんですよね。
でもアルバムによって色があるから、そのアルバムだけがイイカンジなのかも、
という思いもちょっとありました。だけどこの「ACOUSTIC:LATTE」もすごくイイ。
アコースティックというアレンジも手伝って、すごく柔らかい感じの
アルバムになってます。昔の曲もカバーしていますが、これまた
雰囲気が全然違ってイイカンジ。
次のオリジナルアルバムも同じように良かったら、今度はLIVEに行ってみたいな♪

★こちらも是非是非参考に
Yahoo!Music [HOT EXPRESS - 2005年2月11日]
http://music.yahoo.co.jp/jpop/cd_reviews/plantech/20050211/ptcrvw002.html
posted by gako at 17:36| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

〔music〕スキマスイッチ/ふれて未来を

ふれて未来を
スキマスイッチ
BMGファンハウス 2004-06-16


by G-Tools


「絶妙」とどこかのBlogにあった気がしますが、ホントその通り!
この間書いたアンダーグラフの『ツバサ』とは違ったところで、
歌詞とメロディーとリズムと全てが絶妙にマッチしていて大好きな曲です。
聞いていてとても爽やかな気分になります。
ドライブしながら是非聞きたい!どこかへ出かけたくなる曲ですね。
ずーっと頭の中を流れてます。

今日みたいな天気のいい日に、この曲を聴きながら
出かけられたら最高なのにな o(>ω<)o

★こちらも是非是非参考に
BARKS CD-REVIEW
http://www.barks.jp/cdreview/?id=1000000471
posted by gako at 15:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

〔music〕アンダーグラフ/ツバサ

ツバサ
アンダーグラフ 真戸原直人 島田昌典
フォーライフミュージックエンタテインメント 2004-09-22


by G-Tools


なんといってもメロディーが好きです。懐かしくて切ない感じで。
わたしはこの手のメロディーには本当にはまってしまいます。
実は歌詞は全くわかりません。曲を聴いていても全く耳に入ってこない。
それほど、この曲調が大好きなんです。
posted by gako at 12:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

〔music〕 HOME MADE 家族/サンキュー!!

thankyou

わたしにしては珍しく、ヒップホップ系の歌。
でもメロディーと歌詞が絶妙で、すごくイイ。

普段何気なく過ごしてるけど
そんな時でもいろんな人から支えてもらってるんだって
改めて思い出せてくれるような、
この曲のあたたかい歌詞が大好きです。

『人は誰も一人では生きていけやしない
 互いが互いをいつもケアしあい
 理解できない時は話し合い
 腹かかえるぐらい笑いあいたい
 なのに、なぜこう時に貶し合い
 傷つけあうのって気がしない?
 バカバカしいほどキミが好きだ
 照れ臭いけどちょっと本気だ』
posted by gako at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

〔book〕伊坂 幸太郎/グラスホッパー

グラスホッパー
伊坂 幸太郎
角川書店 2004-07-31


by G-Tools


なんとなく書店で目に付いて、なんとなく買いました。
予想以上に文中はとてもおもしろい!久々に
読むスピードより今後の展開への期待が大きくなり、
気づいたら何行も読み飛ばしていたということも
しばしばでした。

主人公は3人。
妻を車で引き逃げれ、復讐のために犯人のいる
会社に就職する「鈴木」
相手を自ら死にたい気持ちにさせる、自殺屋の「鯨」
依頼があれば誰であろうと惨殺する、殺し屋の「蝉」

そしてもう1人
鈴木の復讐相手を交差点で押し、車に引かせて殺害した
押し屋の「槿」

接点のなかったこの4人が次第に交わっていき、
最終的には対決する事になる。

描写がやたら細かくて、特に蝉が人を刺し殺す
ところなんか、自分がやられてるところを思わず
想像して鳥肌が立ったりしました。鯨の人を
自殺に追い込む心理描写とかもよく伝わってきました。

わたしとしては誰かを正義にしてその人に
肩入れしたいのに、全員が正義ではない。
かといって誰かがすごく強いわけでもなく、
もろく壊れやすいから絶対的な安心感も
得られない、という先の見えない不安と
期待が入り混じった状態で読んでました。

でも文中に比べ、ラストは意外にあっけなく。
主人公は強運の持ち主だったのね、というのが感想です。
正直期待はずれという印象があります。
ただこの人の作品はみんなこういうように、
接点のない人々が次第に接点を持っていく、
という内容のようなので別な本も
是非読んでみたいと思います♪
posted by gako at 10:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

〔LOMO〕写真

ついに!
写真をCD-Rにしてもらいました。
適度にUPしていきまーす。

空2

新幹線

座敷童子

空1
posted by gako at 13:27| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

〔song〕中西保志/最後の雨

この歌をどれだけの人が知ってるのでしょう?
隠れた名曲といわれているこの歌、
1992.8.10発売だそうです。

当時わたしは中学生でした。
そのときこの歌の良さがどれだけわかっていたのかは、
定かではありません。でもとても好きだった。
この曲の切ない感じが、大好きでした。

当時わたしには好きな人がいて、その人は
中学2年の時に転校して行きました。
会えないことが切なく、この歌を聴きながら泣いた
記憶があります。
今思えばそれは恋でもなんでもなく、
ただ「好きな人がいる」という状況が
欲しかっただけでした。
でも、あの頃の大切な思い出です。

久しぶりにカラオケでこの歌を聴いて
その時の切ない気持ちを思い出し、
思わず泣きそうになりました。
また歌ってね。

『本気で忘れるくらいなら、泣けるほど愛したりしない』

YASUSHI NAKANISHI OFFICIAL WEB SITE
http://www.y-nakanishi.com/
posted by gako at 21:10| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

〔object〕Lomo LC-A

fun
この間のボーナスで買っちゃいました。
わたしはこんなカメラがあること知らなかったんだけど
ちまたではちょっと有名みたい。
トイカメラっていって、確かにちょっとおもちゃみたい。
ピントはずれるし、手ブレは起こすしで1本のフィルムに
いいと思う写真が10枚あればかなり上出来。
でも、すごくアジのあるいい写真が撮れるの。
もっといっぱいとって早く上達したいな。

http://www.lomography.jp/lomography/
posted by gako at 17:44| Comment(2) | TrackBack(1) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。