2006年06月08日

〔movie〕NANA

NANA(2005年・日本)
★★★★★

B000AAER54NANA -ナナ- スペシャル・エディション
中島美嘉 矢沢あい 大谷健太郎
東宝 2006-03-03

by G-Tools

夢を歌う。
夢に恋する。
そして、二人は夢を奏でていく。


****************************************************
小松奈々は、彼氏と一緒にいたいがために東京へやってきた。
大崎ナナは、歌で成功したい夢を抱えて東京へやってきた。
新幹線の隣同士に座った2人の「ナナ」は、
偶然、引越し先の部屋で鉢合わせし、一緒に暮らすことになる。
趣味も性格も正反対の2人の共同生活が始まった。
ナナは新しいバンドメンバーを加え、昔の仲間とバンド活動を再開する。
同じ頃、人気バンド「トラネス」のライブチケットを手に入れた奈々は、
そのライブにナナを誘うが…。
****************************************************
NANA@映画生活
NANA@allcinema
Official Web Site(Movie)

原作は読んだことないのですが、忠実に再現されているそうですね。
ナナと奈々。対照的な二人だからこそ惹かれあったのかも。
ナナは、その外見とはちがってものすごくあたたかい人。
奈々は、まぁ見たまんま。
わたしが男でも、あれはキツイと思いますけど、
どうでしょう?世の男性陣のみなさん。
かわいいだけじゃん!!

なんだかねー、こっちとしては平等に判断してるつもりなんだけど
かわいい人を批判すると、ひがんでると思われるんですよね。
いや、よく考えてよ、と思うわけ。
かわいけりゃなんでも許せちゃう、って言う人は止めないけど
一緒にいるとつらいと思うけどなぁ。でも男のサガなんでしょうか。
結局、奈々の彼氏みたいな行動に出ちゃうと思うけど?
奈々が、ナナに出会ったことで変わっていくことを願うのみです。

more...
posted by gako at 12:50| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | movie〔な〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

〔movie〕ニュースの天才

B0009H9X52ニュースの天才
ヘイデン・クリステンセン ビリー・レイ ピーター・サースガード
ハピネット・ピクチャーズ 2005-07-08

by G-Tools


******************************
「THE NEW REPUBLIC」という、大統領専用機内に唯一設置されている、
米国で最も権威のあるニュース雑誌の記者であるグラス。
政財界のゴシップなど、数々のスクープをものにするが
同僚達に気配りを忘れない人柄から、信頼も厚かった。
あるとき「ハッカー天国」という記事に対し、他誌から捏造疑惑が浮上する。
それは同様の内容を記事にしようとしてた雑誌だった。
調べれば調べるほど内容の正当性に疑問が上がり、グラスの上司も
再度記事の裏づけ作業を行う。しかし、レポートノートをたどればたどるほど
その正当性が崩れていく。。。
******************************

続きはコチラ→feel so nice
posted by gako at 09:02| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(5) | movie〔な〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

〔movie〕21g

B00017YVBQ21グラム (初回出荷限定価格)
ショーン・ペン アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ ナオミ・ワッツ ベニチオ・デル・トロ
東北新社 2004-11-05

by G-Tools



「人は死ぬときに21gだけ軽くなる」

交通事故を起こした男。
交通事故によって夫と子供を失った女。
亡くなった夫の心臓を移植された男。
そして3人は、心臓移植された男が誰の心臓か調べ始めたことによって
出会ってしまう。

副題に惹かれて、借りてきました。
映画自体は、時間軸がバラバラで最初はよくわかりませんでしたが、
次第に全体がつながっていき、最後は一つの線になりました。
そういう映画、最近よく見るかも。
そういえばこの間見た「しあわせな孤独」も交通事故によって
人生が変わった4人の話でした。今そういうのが好きな心境なのかなぁ。

夫を失った女は、心臓移植した男に復讐をしろと迫ります。
しかし男は結局復讐出来ずに、交通事故を起こした男を逃がす。
女のところに戻ってしばらくすると、逃がしたはずの男がやってくる。
逆上した女は復讐しようとする。そして、最後は心臓移植した男が
自分の心臓を銃で打ち抜く。。。

ずいぶんとこの心臓移植をした男は無神経だな、と思いました。
自分の心臓が誰のものか調べるのは普通の感覚だとは思います。
しかしその心臓の持ち主だった男の妻に偶然を装って会い、話をし、
相手が自分を頼って来たら全てをばらす。
下心があったかどうかはわかりませんが、夫を失ったショックから立ち直れていない
彼女にとって、その心臓を持った相手が目の前にいることがどれだけ辛かったか。
その人が悪いわけじゃないことは十分承知している。だけど、やっぱり割り切れないと思います。
わたしだったら絶対ヤダ。

それにしても、21gがなんなのかは結局謎でした。。。
posted by gako at 23:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔な〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。