2006年05月31日

〔movie〕靴に恋して

PIEDRAS(英題:STONES)(2002年・西)
★★★★☆

B0007YVW60靴に恋して
アントニア・サン・ファン ラモン・サラサール ナイワ・ニムリ
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-05-25

by G-Tools

靴の数だけ、人生がある。

***************************************
23歳のレイレは、高級靴店の店員。
夢は靴デザイナーになることだが、自信がない。
カレシは、「夢をあきらめちゃいけない!」と言い残して去っていった・・・

49歳のアデラは、クラブのオーナー。
夢は、小説家になること。
だけど、知的障害者の娘の世話で余裕のない日々。

43歳のマリカルメンは、堅実で現実的なタクシードライバー。
夫が急逝して10年、ずっと家族のために生きてきた。
「愛されたい・・・」

25歳のアニータは知的障害者だ。
ハンサムな看護士のホアキンに密かに恋している。
叶うはずもないけれど、得意の絵で想いを表現するが・・・

45歳のイサベルは、高級官僚の妻。
夫婦仲はとうに冷え切っている。
高級靴を買いあさることで孤独を埋める。ほんとうは、子供がほしい!

王子様のいない5人のシンデレラたち。
みんな、いまの生活をリセットして、
真実の恋、仕事、家庭、夢にチャレンジしたいと思っているが、
果たして・・・・マドリッドからリスボンへ―――
***************************************
靴に恋して@映画生活
Official Web Site
靴に恋して@allcinema

タイトルどおり、靴と恋の話。でも主には恋愛の話ですね。
主人公は何人もいて、それぞれがどこかでつながっています。
こういう群像劇は好きだなぁ。
映像もきれいですし、わかりやすい。
気楽にみれる感じの映画だと思います。

more...
posted by gako at 18:11| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | movie〔か〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

〔movie〕50回目のファースト・キス


/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(2005/10/26)
Amazonランキング:317位
Amazonおすすめ度:



記憶をなくしてしまう自分に、
絶対伝えたいこと。

失恋よりせつない――彼女が毎日味わう恋の始まり。


*****************************
常夏のハワイで旅行者を次々とひっかけるプレイボーイ・ヘンリーは、
ある朝カフェで地元の女の子ルーシーに声をかける。
その場で二人はすっかり打ち解けたのに、翌日ヘンリーがルーシーに近づくと、
彼女はなぜか冷たい態度。混乱するヘンリーに、カフェの店員が教えてくれる。
彼女は一年前にあった交通事故の後遺症で、一晩寝ると前日起きたことを
すべて忘れてしまう記憶障害なのだ、と。
しかし彼女を本気で好きになったヘンリーは、翌日忘れられるのを覚悟の上で、
毎日彼女を口説きはじめるのだが・・・。
******************************
続きはこちら→feel so nice

50回目のファーストキス@映画生活
posted by gako at 22:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | movie〔か〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

〔movie〕恋文日和


/ アミューズソフトエンタテインメント(2005/05/27)
Amazonランキング:4,960位
Amazonおすすめ度:



*******************************************
【便せん日和】
便箋専門店で働く美子は、主任の鈴森に片想いをしている。
しかし鈴森は、毎週金曜に来店する万里子に想いを寄せ、美子は心とは裏腹に、
鈴森をけしかけてしまう。

【あたしを知らないキミへ】
学校の屋上でラブレターを見つけた文子は、その純粋な文面に惹かれ、
名前を伏せて返事を書いた。

【雪に咲く花】
高校生の陽司は、自分に宛てた手紙の主が宮下千雪だと確信し、
なぜか放っておけなくなる

【イカルスの恋人たち】
死んだ兄の恋人にビデオレターを届けた健二は、
自分と解かり合えなかった兄の別の一面を知った
*******************************************
続きはこちら→feel so nice

恋文日和@映画生活
Official Web Site
posted by gako at 23:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(4) | movie〔か〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

〔movie〕クローサー

クローサー

ホントは別な映画を見に行ったのですが、
もうすぐ終わるということで、前から気になってたクローサーを見に行きました。
でも、、、思ってたのと違った。というかわたしには合わない映画。

4人の男女の四角関係を描いた映画。
愛していると言いつつも見えないものは信じられず、関係を持った持たないが全てで。
愛が冷めるのも早ければ変わり身も早い。

愛している人を別な男に取られて職場に殴りこみに行ったのに
戻ってこないとわかるや否や「オレはどうすればいいんだ」と泣き出し
「彼女の元へ戻れ」と元カノの居場所を教えてもらって、「ありがとう」と感謝する。

この心境、わかります?
わたしには理解できなかったんですが。。。
posted by gako at 23:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔か〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。