2016年08月21日

[movie][★★★★☆]orange

orange-オレンジ- -
orange-オレンジ- -orange コミック 全5巻完結セット (月刊アクション) -
orange コミック 全5巻完結セット (月刊アクション) -


コブクロつながりです(汗

映画としては良かったと思います。

でも、パラレルワールドについて考えてみる。

私は、過去を変えたいとは思わない。
たとえ大切な人が亡くなっている今だとしても。
例えそれが自殺だったとしても。

今は、未来は、そんな単純じゃない。
たとえ過去の一部分が変えられても、その先幸せでいる保証はどこにあるの?
変えた過去は、その時間を過ごしてきたから変えられただけで、その先にある未来は?

また失敗した、と、リセットボタンを押すように書き換えるの??

そんな後悔をして過ごすより、今を精一杯生きる方が正しいと思います。

そりゃ、私が今を100%思い通りに生きてるかといったら、全然そんなことはない。
だけど、少なくとも、精一杯生きなければ幸せにはならない、ということはわかっています。

その時々の自分の選択に責任を持たなければ、何をやっても、自分の人生は過ごせない。

だから、過去には戻りたくありません。
posted by gako at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

[movie]アマルフィ 女神の報酬

★☆☆☆☆


アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD





事件の真相を求め、外交官・黒田がイタリアを駆ける。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
クリスマス目前のローマ。G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備で
バタバタの日本大使館に、外交官・黒田康作が赴任する。
秘密裏にG8テロ対策の命を帯びる黒田だったが、赴任直後に任されたのは
日本人少女失踪事件の通訳。しかし犯人から少女の母・紗江子の元に
かかってきた電話を受け、成り行きで父親だと名乗ってしまったことから、
紗江子の“偽りの夫”として事件に深く関与することに。誘拐犯との
身代金取引が違法の国で、黒田と紗江子はあえて犯人に指定された
取引に応じるが…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

アマルフィ 女神の報酬@映画生活
アマルフィ 女神の報酬@allcinema

more...
posted by gako at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

〔movie〕イズ・エー

is A.(2003年・日)

★★★★★

B0008GGTUQイズ・エー [is A.]
藤原健一 津田寛治 小栗旬
GPミュージアムソフト 2005-05-25

by G-Tools


息子を裁くのは、
父親の役目です。


***********************************:
渋谷で大量の死者を出す無差別爆破事件が発生。
犯人は“ホーリー・ナイト”と名乗り、
メディアによってカリスマ的存在に祭り上げられる。
だが逮捕されたのは、わずか14歳の少年だった…。
4年後、少年法の規定で出所した少年の前に一人の刑事が現れる。
爆破事件で妻子を失ったその刑事は、少年の再犯を確信していた。
そんな刑事に対し、息子に関わらないでくれと頭を下げる少年の父親。
2人はそれぞれに父としてのプライドを背負って対峙する。
だがそんな2人を愚弄するかのように、またも凶悪な事件が起こってしまう。
****************************************

イズ・エー@映画生活
イズ・エー@allcinema
Official Web Site

more...
posted by gako at 20:56| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

〔movie〕イン・ザ・プール

イン・ザ・プール(2005年・日本)

★★★☆☆

B000FI9P3Kイン・ザ・プール
奥田英朗 三木聡 松尾スズキ
ポニーキャニオン 2006-07-19

by G-Tools


やばい病には…トンデモ精神科医

精神科医・伊良部一郎
こう見えても診療中!


*******************************************************
24時間勃ちっぱなしという“継続性勃起症”の会社員。
火元やカギの掛け忘れが心配でなかなか出かけられない
“強迫神経症”のルポライター。
ちょっと変わった症状に真剣に悩む彼らは、伊良部総合病院の
精神科を訪れる。だがそこで待ちかまえていたのは、
ヒョウ柄のシャツとブーツに白衣を羽織った、
見るからに怪しげな精神科医・伊良部一郎だった!
治療と称した伊良部のおかしな命令に、患者達は仕方なく従うのだが・・・。
*******************************************************
イン・ザ・プール@映画生活
イン・ザ・プール@allcinema
Official Web Site

more...
posted by gako at 22:16| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(3) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

〔movie〕エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

L'Impero dei Lupi(2005年・仏)

★★★☆☆
B000FAHGQQエンパイア・オブ・ザ・ウルフ
ジャン=クリストフ・グランジェ クリス・ナオン ジャン・レノ
日活 2006-07-07

by G-Tools

二人が出遭うとき
フランス最恐の“タブー”が破られる――


***************************************************
パリのトルコ人街で猟奇殺人の3人目の犠牲者が発見された。
被害者はいずれも不法滞在のトルコ移民の若い女性で、
顔が切り刻まれていた。手がかりがない中、
刑事ポールは汚職や殺人の疑いがある刑事シフェールの助けを
借りることになる。シフェールはトルコ人街の裏社会に通じ、
やがて事件は「灰色の狼」に結びつく。
一方、高級官僚の妻アンナは、自分の記憶障害に悩んでいた。
アンナと事件が結びつく時、すべての謎が解明される。
***************************************************
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ@映画生活
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ@allcinema
Official Web Site(Japan)
Official Web Site(France)

more...
posted by gako at 21:05| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

〔movie〕あの頃ペニー・レインと

Almost Famous(2000年・米)
★★★☆☆

4895858766あの頃ペニー・レインと
キャメロン・クロウ
マクミランランゲージハウス 2001-03

by G-Tools

君がいるから、すべてがキラキラまぶしい15歳。

************************************************
1973年、弱冠15歳にして「ローリング・ストーン」誌の
記者に抜擢され、あるロックバンドのツアーの同行記事を
書くことになった少年ウィリアム。
旅の中で知るミュージシャンたちとの友情、
ジャーナリストとしての葛藤、そしてせつない初恋が
当時のロックとともにつづられる。
************************************************
Official Web Site
あの頃ペニー・レインと@映画生活
あの頃ペニー・レインと@allcinema

ペニー・レインと名乗っていた女性。
どこかで見たことあると思ったら、『10日間で男を上手にフル方法』の
ケイト・ハドソンでした。かわいい!

昔のロック好きにはたまらないんじゃないかと思えるこの映画、
わたしは、未知の世界を見ているようで
おもしろいとかおもしろくないとか、そういう次元では語れない
気がしました。ドキュメンタリー映画という感じもして。

more...
posted by gako at 15:45| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

〔movie〕エリザベスタウン

B000BD7AR2エリザベスタウン
オーランド・ブルーム キャメロン・クロウ キルスティン・ダンスト
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-04-21

by G-Tools


すべてを失った僕を、待っている場所があった
************************************
仕事一筋に情熱を燃やしてきた大手シューズ・メーカーの
新進デザイナー、ドリューは、社運を賭けた新型スニーカーを
発表するが、商品の返品が相次ぎ、プロジェクトは大失敗。
会社を解雇されてしまう。夢に破れ、生きる気力を失ったドリューは、
自らの人生を終わらせる覚悟を決めるが、
命を絶とうとしたまさにその時、疎遠になっていた
父の訃報が飛び込んでくる。失意の中、葬儀の準備のために
父の故郷・エリザベスタウンへ向かったドリューだったが、
そこで地元の人々とのふれあいや新しいロマンスを通して、
少しずつ心の傷を癒していく。
************************************
エリザベスタウン@映画生活
Official Web Site

★★★★☆

いや〜、オーランド・ブルームかっこいいですね。
正直、それだけでも見る価値あり!って思ってしまいました。

肝心の話のほうは、、、
エリザベスタウンで出会う暖かい人々の中でドリューは次第に癒されて
死のうと思う気持ちも薄れていきます。
人が亡くなっているのに、楽しそうに笑っている人々。
最初はとても違和感でした。ちっとも悲しそうじゃない。
だけどそれは違うなって、後から感じました。
悲しいからこそ、楽しく。つらいからこそ、ポジティブに。
葬式の最後に、従兄弟がバンドをひきつれてロックを歌いました。
普通ならありえないと思うその行為にみんな盛り上がってました。
わたしは、その場面が一番心に残っています。
一番楽しく、一番悲しい場面だと思いました。
まるで追悼コンサートのようで。

それから、エリザベスタウンに行く途中の飛行機の中で
ドリューが出会ったクレア。結構強引ですね〜。
男の人はあのくらい強引なほうが好きなのかなぁ。
ホテルのチケットに自分の電話番号を書いて渡したり、
フライトがあると嘘をついて急に電話を切ろうとしてみたり、
泊まっているホテルにいきなり現れたり。
けど、なかなか本命の彼女にはなれなかったようです。
自分は穴埋めの女だと、そう言ってましたしね。
まぁ、あんまり押すとね、
安心されたり逃げちゃったりする気もするし。

でも、人間笑ってたほうがいいんだなーって。
そのほうが幸せだなーって。
つらいことも悲しいこともあるけど、なるべく笑顔で。
そうすれば、前に進める。
それは強く感じました。

現実に戻ったドリューが、今後どうやって生きていくのかが
気になります。
posted by gako at 11:21| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(14) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

〔movie〕海を飛ぶ夢


/ ポニーキャニオン(2005/10/05)
Amazonランキング:414位
Amazonおすすめ度:



約束しよう。
自由になった魂で、
きっとあなたを抱きしめる。


*****************************************
海の事故で、首から下が不随となったラモン・サンペドロは、
26年間をベッドの上で過ごし、その年、自ら命を絶つ決断をする。
人権支援団体で働くジェネは、ラモンの死を合法にするため、
弁護士のフリアの協力を仰ぐ。法廷へ出る準備を進め、
ラモンの話を聞くうちに、フリアは強く彼に惹かれていった。
ある日フリアは、ラモンの家で発作に倒れる。
不治の病に冒されたフリアは、やがて自らも死を望み、ラモンの死を手伝う約束をする。
*****************************************
続きはこちら→feel so nice

海を飛ぶ夢@映画生活
Official Web Site
posted by gako at 13:16| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(10) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

〔movie〕いま、会いにゆきます

B00061Q6VKいま、会いにゆきます スタンダード・エディション
竹内結子 土井裕泰 中村獅童
東宝 2005-06-24

by G-Tools


何度出会っても、きっとあなたに恋をする…

******************************
雨の季節になったら、ママは必ず戻ってくる。
小学一年生の佑司は、一年前に病気で死んだ母・澪が残した言葉を
固く信じていた。父の巧も、有り得ないことだとわかっていながら、
つい空模様が気になってしまう。そして、梅雨に入ると、
本当に澪が姿を現す。ただし、彼女は一切の記憶を失っていた。
家族のことはおろか、自分が死んでしまったという事実も。
その日から3人の新しい生活が始まる。澪に請われるまま、
巧は高校時代に遡る2人の出会いを語ってきかせるのだった…。
(Gagaより)
******************************
Official Web Site

続きはこちら→feel so nice
posted by gako at 21:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(14) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

〔movie〕アイノカラダ

アイノカラダ

わたしは、どうして彼女たちを抱き締めたいのだろう?

******************************
6人の女性の物語。

〈ミズキ〉は、カメラマン。取材で訪れた画廊で、オーナーに
撮りたい写真が撮れていないことを指摘され、1枚だけ残ったフィルムを渡される。
「シャッターを切るのにふさわしい瞬間が撮れたら、この画廊に飾ってあげるよ」と。

〈キヨリ〉は不動産会社勤務。3ヶ月空いたままの部屋を抱え、上司には嫌味を言われ
恋人は自分のもとを去り、手には無数のリストカットの傷があった。
部屋には干からびた金魚の死体があり、キヨリはそこを隠れ家のように使用していた。
ところが、その部屋を「気に入った」と言う人が現れた。

〈メグミ〉は芸能界で生きていた。事あるごとに「私は女優なの」と繰り返していたが
30歳を目前にしても、プロデューサーに媚びて役をもらっている状態だった。
過剰なダイエットのし過ぎで顔つきは幽霊のよう、腕には点滴のあとだらけ。
それでも強気なメグミの態度に、マネージャーが切れた。

〈サオリ〉はダンサー。ケガをしても誰にも気づかれずに踊れるし、酒も強いし、
貯金もある。いつでも強く弱点がないように見えるサオリ。
でもサオリがダンスを教えた生徒はソリストとして評価され、
追い出したはずの男はサオリの元に戻ってきた。そして「悩みがあるなら聞くよ」と
優しい言葉をかけられる。

〈カオリ〉と〈ミノリ〉は、同棲している。
しかしミノリは、それが会社にばれることを恐れて家を出ようとしていた。
カオリはそのことを気づいていた。
「四六時中そばにいて欲しいっていってるわけじゃない。
ただ手を伸ばせば触れるところにいて欲しいだけ」と想いをぶつけるカオリ。
でも、ミノリは家を出しまった。
******************************

続きはコチラ→feel so nice
posted by gako at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

〔movie〕運命の女

B00007G0LE運命の女 特別篇
リチャード・ギア エイドリアン・ライン ダイアン・レイン
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2003-06-19

by G-Tools


******************************
会社を経営する優しい夫(エドワード)と、かわいい息子のいる生活に
何不自由なく暮らしていたコニー。
ある日息子の誕生日プレゼントを買いに出かけた帰り道、突風にあおられ
青年ポールとぶつかってケガをしてしまう。
ポールの家でケガの手当てをし、その日は何事もなく帰ってきたが、
ポールの事が気になってしまい、次第にその想いが不倫へと発展していく。

あるとき妻の不倫に気づいたエドワード。
ポールの家に行き不倫の真相を確かめると、あっさり認めたポール。
寝室で見覚えのある置物を見つけたエドワードは、勢い余ってその置物で
ポールを殺してしまう。そしてその死体をゴミ処理場へと運ぶ。
不倫をしていた事も、殺してしまった事もお互いにばれ、
警察にも重要人物としてマークされてしまったコニーとエドワード。
皮肉にも、このことがきっかけで、再び夫婦の絆が深まっていく。
******************************

続きはコチラ→feel so nice
posted by gako at 09:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

〔movie〕赤いアモーレ

B0007ZCHS6赤いアモーレ
ペネロペ・クルス セルジオ・カステリット クラウディア・ジェリーニ
メディアファクトリー 2005-06-03

by G-Tools


*********************************
物語は、ある外科医の娘が事故で病院に運ばれてきたところから始まる。
最愛の娘を失おうとしている男は、かつて愛した女の幻影を見る。
そして昔を回想しはじめる。

外科医の男は、出張先で偶然であった女と衝動的に関係を結ぶ。
その女は惨めで貧しい生活を送っていた。男もその場限りのはずだった。
しかし男はその女に惹きつけられ、何度も女のところに通うようになる。
最初はお金の関係と割り切ろうとしていたが、それも次第になくなり
才色兼備の妻がいるにもかかわらず、女にのめりこんでいく。
女に子供ができたと知った男は、妻と別れようと決心するが
そのことを打ち明ける前に妻にも子供が出来たと告白される。
どうにも出来なくなり、結局男は女を捨てる。
女は自力で子供を流産し、それが元で体内に血が溜まり、
結局は男の前で亡くなってしまう。

それから10年以上がたち、目の前に現れた女の幻影に、
娘を助けてほしいと懇願する。。。
*********************************

イタリアの映画です。ペネロペ・クルス主演で、この映画のために
彼女はイタリア語をマスターしたそうです。

話自体は、そんなに、、、なのですが
映像がとにかく鮮やかでキレイでした。
やっぱりイタリアだからでしょうか?原色がすごく多かった気がします。
そしてペネロペ・クルスにはすごく惹きつけられました。
貧しいのに独特な雰囲気で。どんなに貧しくても、
自分の生き方に自信を持っていて後悔していないって感じ。
それが目に現われていました。
途中で髪を切って色をこげ茶にするのですが、
髪型を変えたら普通の人になっちゃいました。
金髪で長かったほうが、存在感が強かったなぁ。

feel so nice
posted by gako at 22:34| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(3) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

〔movie〕海猿

B0001X9D3Q海猿 スタンダード・エディション
伊藤英明 佐藤秀峰 羽住英一郎 加藤あい
ポニーキャニオン 2005-02-16

by G-Tools


海上保安庁の潜水士を目指す、14人の若者の映画です。
こないだテレビでやっていて。もともと見たかった映画だし、即録画!
借りてきたシュリを見ながら、裏では海猿を撮っているという
なんとも贅沢な時間を過ごしました。


海の中って、キレイですよね。
実はわたし、ダイビングのライセンス持ってます。オープン・ウォーターの。
初級者用ですけど、水深18メートルまで潜れます。
わたしは取ってから数回しか潜ってないので、まだまだインストラクターの人の
お世話になりっぱなしです。しかもサイパンで、2日間という短期間で
取ってしまったために、あまり覚えていない。。。かなりキケンなダイバーです。

最初に海に潜ったときは、こんなに怖いものは無いと思いました。
普段生活していると鼻で息をすると思うんですけど、海の中では酸素は口から。
鼻は水が入らないようにマスクでふさがれてます。
だけど鼻で呼吸するって無意識的なものなので、
パニックになったら絶対鼻で息をしようとする、と思いません?
でも絶対に鼻から酸素は入ってこない。入ってくるのは海水だけ。
行き着く先は。。。?

また酸素ボンベの酸素って湿気が少なくて、長い間吸っていると喉が渇くんです。
だからって水が飲めるわけでもなく。咳き込むんです。これがね、かなり苦しい。
耳抜きが大事ってよく聞くと思いますけど、本当に耳抜きが出来ないと潜れません。
高速エレベータで一気に上まで行くと耳が痛くなる、あんなのは比じゃないくらい
耳の奥が圧迫されます。我慢できないくらい痛い!

なんて、わたしの恐怖体験をつらつら書いてますけど、
でも3次元の世界はかなり感動しますよ!!
自分の上にも下にも魚がいて。時には群れをなして泳いでたりします。
このあいだマンボウのいる場所を潜って、後ろから来たマンボウと目が合いました。
ギロッって見られて結構怖かった。。。冷や汗が出ました。

***
音も無くて、時間の感覚も無くて、重力も無くて。
聞こえてくるのは波の音と呼吸する音だけ。
ゆらゆらと波に揺られて、いつもとは違った時間の流れに身を委ねていると
ふと忘れていた何かを思い出す。
わたしにとって海の中は、そんなひとときでもあります。

なまこ

魚群
posted by gako at 17:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

〔movie〕ヴァイブレータ

ヴァイブレータ スペシャル・エディション
田口トモロヲ,  村上淳,  廣木隆一,  鈴木一博
ハピネット・ピクチャーズ 2004-06-25


by G-Tools


寺島しのぶが東京国際映画祭で優秀女優賞を取った作品。
他、いろんな賞をとってるみたい。
気になっていて、ずっと見たかった1本でした。
ほんとは1ヶ月も前に見たんだけど、なんだか自分の気持ちを
うまく収拾つけられなくて。

なので、珍しくいろんな人のレビューを見てみました。

「トラックの運転手がとても優しくて、憧れる」
うん、わからなくもない。
「自分と頭の中で会話する事はよくあるから親近感が沸く」
うん、あるある。しょっちゅう。
「演技が爽やかだった」
・・・そうか?
「優しい雰囲気のする映画」
・・・うーん、そうなのかなぁ。
「最後、女性が再生していた姿がよかった」
そういう映画だったのか?

でも、申し訳ないけどこれらのレビューはちょっとずれてる
気がしてました。この映画はそんなにキレイじゃない。
もっと暗くて黒いもの。そう思ってたから自分の中でも
消化しきれずにいました。

でもやっぱりいた!わたしと同じ思いをしてる人。
おかげで、だいぶ消化できてきたし、最近のわたしの心境や
行動の変化の原因がこの映画だったこともわかりました。

たぶん主人公の女性は、トラック運転手の男性に出会えて
同じ時間を過ごせて、とても幸せだったと思います。
それは「恋」とか「愛」とかの次元ではなく。
酒に依存していて、精神的に不安定で、自分勝手で孤独。
それを理解して『許して』くれた。
そういう自分を否定されなかった。
それだけで、十分この女性は立ち直るきっかけを得たでしょう。

男性には受入れにくい映画かも。でもわたしは
もう一回見たいと思いました。
そして、わたしが自分の気持ちに正直に行動できているのも、
きっとこの主人公の女性の影響です。
今までと違う自分の行動にビックリすることが
確実に増えてます。。。
posted by gako at 18:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。