2012年12月08日

[book][★★★★☆]奥田英朗/ガール

ガールガール
著者:奥田 英朗
販売元:講談社
(2006-01-21)
販売元:Amazon.co.jp


この手の本を客観的に評価できないのは、
私がまだ大人になりきれていないからだろうか。。。

同じ30代女性として「わかる」というより「恐怖」「嫌悪感」が残った。
女性の心理がリアルに描かれていればいるほど、「疑心暗鬼」になる。
私の周りにいる人は、こんなことを考えているのか、と。
自分が善人を気取っているつもりはないけれど、やっぱり
女性が発する言葉には裏がある。本音は違うところにある。
それを、まざまざと見せ付けられている気がした。
そして、「お前もそうだよ」と言われている気がした。。。

シングルマザーの女性と、独身の女性がわかりあうシーンがある。
けど、現実は絶対にこうは行かない。
表面上仲良くなったようでも、一度出来た溝は絶対に埋まらない。
それは、防衛本能の強い女性ならではだと思う。
30代になって、溝があっても付き合える術を覚えつつあるけど、
ふとした瞬間に「やっぱり違う」って思う。

でも嫌悪感を抱く、ということは、やっぱりこの物語がよく
女性心理を捕らえている、ということなのだろう。。。。
posted by gako at 09:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431704066

この記事へのトラックバック