2010年09月02日

[movie][★★☆☆☆]サヨナライツカ

サヨナライツカ [DVD]サヨナライツカ [DVD]
出演:中山美穂
アミューズソフトエンタテインメント(2010-06-25)
おすすめ度:3.5
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



かなわない恋だとわかってた

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1975年、バンコク。高級ホテルのスイートルームに暮らし、お金に不自由することなく、
欲望のままに奔放に生きる女性、沓子。ある日、バンコクに赴任してきた
若きエリートビジネスマンの豊と出会う。結婚を目前に控え、日本に貞淑な
婚約者・光子を残してきた豊だったが、謎めいた沓子の魅力に抗えず、
2人の愛欲の日々が始まる。やがて、恋愛を遊びのように楽しんできた沓子も、
豊への募る想いに戸惑いつつも、それが本当の愛だと気づき始めるのだったが…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

サヨナライツカ@ぴあ映画生活
サヨナライツカ@allcinema

正直、何の食指も動かなかったなぁ。。。
なんだろう、この感じ。
外国映画を見終わった後の感想に似ている。
日本人の感覚とは少しずれた印象。
感動すべきところはどこなのか、いまいちつかめなかった。

光子が沓子の前に現れたとき(しかも豊に内緒で)
女って怖いなって、本当に思った。
けど、自分ならやるだろうか?
自分の方が上で、あなたは愛されてないんだと
なぜあんなに胸を張って言えるのだろう?

一番思ったことは、
結局、沓子は豊に人生をめちゃくちゃにされて、
寂しく生涯を終えたんだな、ってことかな。
所詮、その程度かって。
あんなに奔放に過ごしていた人が、一流ホテルのVIP担当なんてありえないし。
そのホテルの好意で、VIPルームで療養するなんてありえないし。
金でも積んだ?

で、ありがちな耐える女。裏切る夫。
25年の歳月を経て、改めて愛していたことを思い出す。
だから、なんなのだろう?許してくれ、なのか。
すまなかった、なのか。

誰にも感情移入できない映画でした。

posted by gako at 12:54| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

TB有難うございました。

読みやすく、端的で明快なレビューですね。
相性でしょうか、こちらからのTBが通りませんでした。

記事は大切に反映させて頂きます。
今後とも宜しくお願いいたします。
Posted by 象のロケット at 2010年09月04日 02:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431704036

この記事へのトラックバック