2010年06月29日

[movie][★★★★★]のだめカンタービレ 最終楽章 後編

のだめカンタービレ 千秋真一 コンプリート・エディション[DVD]のだめカンタービレ 千秋真一 コンプリート・エディション[DVD]
出演:玉木宏
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2010-06-04
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


先輩、お別れです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
離れ離れに暮らすことになった、のだめと千秋。やがて千秋には孫Ruiとの
共演話が持ち上がる。一方、オクレール先生のもとでレッスンに励むのだめは、
どんどん先に行ってしまう千秋に焦りを感じてしまう。
そんな中、コンクールに出場する清良を応援するため、峰や真澄ら昔の
仲間たちと会場へと向かったのだめ。
ピアノ部門で聴いた『ラヴェル ピアノ協奏曲』に心奪われ、いつか千秋と
共演するときに演奏したいと強く願う。しかし、その曲は奇しくも千秋とRuiが
共演する演目に決まっていた。しかも、のだめがやりたいと思い描いていた通りの
演奏を完璧な形で披露されてしまう。それを目の当たりにして、
ショックを隠しきれないのだめだったが…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

のだめカンタービレ 最終楽章 後編@ぴあ映画生活
のだめカンタービレ 最終楽章 後編@allcinema


再び、見に行ってしまいました。
全て知った上で、どうしてももう一度見てみたかった。
こんなにはまるなんて、本当に珍しいんです。

正直、前回程素直な気持ちでは見れませんでした。
それぞれの裏にある思いなんかを考えてしまってね。

でも今回は、千秋先輩の想いがより感じられて、その点はよかったかな。
今までののだめと千秋先輩のやり取りを知ることで、
「映画では恋愛模様を描いています」というコメントがよくわかりました。
うん、たしかに。

そして、「急いでるのはオクレール先生のほうか、、、」という千秋先輩のつぶやきも。
うん、たしかに。
あたし、あんなペースじゃ全てが中途半端だもん。
逆に、「ちゃんと向き合ったもん!」というのだめの言葉は正しいと思う。
本当に、千秋先輩とピアノコンチェルトやりたかったんだなーって。
追いつくために、必死だったんだなって。

結婚=逃げ
って、やっぱり思うんだね。結婚って、体のいい言い訳に過ぎないのかな。
弱ってると口にしたくなる言葉。子供作るも同じかな。

ミルヒィとのコンチェルトで、最初は険しい顔ののだめが
最後には楽しんで弾いている姿は、本当に良かったと思った。
きっと心が震えたんだろうね。今まで一人で頑張ってきたのとは違って
みんなで音楽を作り上げるってことに。

のだめはあれ以上の演奏はないって言ってたけど、
たぶん、それはない。
失うものがない人は、一瞬のパンチ力はあっても
失って困るものがある人に、最終的には勝てない。
これはどんなことでも一緒。
守るものがあるから、強くなる。守るものがあるから、限界を超えられる。

そんな想いを、千秋先輩とのコンチェルトでは感じて欲しいなと思った。
あたしも、のだめに負けないように頑張る!
posted by gako at 12:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。