2010年06月04日

[movie][★★☆☆☆]恋愛小説

恋愛小説 [DVD]恋愛小説 [DVD]
出演:玉木宏
販売元:ハピネット
発売日:2006-04-28
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


もうだれも
愛さない
だって、ぼくは
死神だから


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
法学部に通う大学4年生の宏行は、相手の浮気が原因で恋人の美和と
ケンカ別れしてしまう。そんなある日、彼は同じ大学に通う青年、
聡史から自分の遺言書作りを依頼されるのだった。
たった独りで豪邸に住み自らを“死神”と呼ぶその青年は、やがて自分自身の
過去を語り始める。彼は自分が親しくした人はみな死んでしまう、という。
だから、幼い頃から誰とも親しくならず、愛することもせずに生きてきた。
しかし、そんな聡史が瑞樹という女性と出会ったとき、彼は思いがけず
恋に落ちてしまう。そして、それはあまりにも悲しい愛の物語の始まりだった…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

恋愛小説@ぴあ映画生活
恋愛小説@allcinema

またまた玉木サン主演映画です。

物語は、親しくした人がことごとく死んでしまうことから死神と呼ばれて
誰とも親しくならなくなった聡史に、突然降りかかってきた恋。
瑞樹は運命に逆らって生きることを宣言し、例えばドライブとか、そういった
死ぬ危険性があるものと戦って勝っていきます。
でも最後は結局、癌で亡くなってしまいます。

「会わなくなっちゃったら、死ぬのと同じなんだから!」
と言っていた瑞樹。本当に死んでしまうことも、死を恐れて別れることも同じ。
それなら、一緒にいたい。

本当は怖いと思うのですが、それを見せず
けなげに相手のことを思って明るく振舞っている瑞樹には
とても元気をもらいました。

ただ、奇妙な聡史をそこまで好きになるには、もうちょっと二人が出会ってからの
ストーリーがないと、見ている方としては違和感が残りました。
そりゃ、階段から落ちてきたところをちょうど助けたかもしれないけど、それだけ?
それだけで、自分の命賭けちゃう?
ちょっと強引ではないでしょうか。。。

あとは、玉木サンには千秋先輩が超ハマリ役と思っているあたしとしては、
純朴な青年はやっぱり物足りなかったですね(汗)
posted by gako at 15:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。