2010年05月29日

[movie][★★☆☆☆]変身

変身 [DVD]変身 [DVD]
出演:玉木宏
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2009-01-28
おすすめ度:2.0
クチコミを見る



僕が僕でなくなる日
それでもあなたを愛してる。
ずっと一緒にいたかった


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
世界初の脳移植手術によって一命を取り留めた青年・成瀬純一。
病院のベッドで昏睡から目覚めた彼は、一切の記憶をなくしていたが、
治療の甲斐あって徐々に記憶を取り戻していく。
それは、恋人の葉村恵との甘く幸せな日々。
やがて退院した純一を恵は以前と変わらない優しさと明るさで迎えた。
もともと絵を描くのが趣味で温厚な純一。しかし、術後、純一自身の中で
少しずつ何かが変わり始めていたのだった。そして、純一の脳移植に
まつわる秘密が次第に明らかになっていくのだが…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

変身@ぴあ映画生活
変身@allcinema

玉木宏サン主演、というところに目が留まって、、、(汗

この、玉木サン演じる成瀬という役、ほとんど一人二役ですよね。
脳移植によって人格まで変わるのか、、、という点はさておき
目つきとか、顔つきとか、徐々に変わって行って
最後は別人ということが良くわかってすごいと思いました。

物語としては
成瀬の心情が痛い。
自分が自分でなくなる感覚。多重人格よりも、辛いかも知れませんね。

前にも思ったことがあります。
もし、多重人格で入れ替わっている間に人を殺めてしまったら、
主人格の本人が処罰されるのでしょうか。。。

あたしは、この問題はすごく難しいと思っています。
確かに本人だけど、深い部分では同じ人だけど
でも、それってあまりにも酷。

よく、裁判で精神状態を問われますよね。
でも人を殺める場合は、多かれ少なかれ精神異常だと思うんです。
だから、少しくらい精神を病んでいたって、しょうがないと思う。
でも、別人格となると話は別です。それはもう本人ではない。

成瀬は、どちらになるのでしょうか?

原作はもっともっといろいろあるみたいですが、
あたしは原作を読んでないので、違いは良くわかりません。
ただ、いまいち感情移入できなかったのは、、、恵の気持ちに
共感できなかったからかなぁ?

あたしは、殺されてもいいなんて愛し方できません。
それは純愛ではなくて、異常な執着心だよ。。。


玉木サンは、千秋先輩のインパクトが強かったのですが、
そういえば以前観た「ただ、君を愛してる」でも、今回の成瀬のように
気弱な青年役だった気がします。
あのときも、「もったいないなぁ」と思ったんですよね。
玉木サンを知っていたわけではないのですが、雰囲気と役がマッチして
いないように感じたんです。今回もそう。
後半の人格のほうがしっくり来た。ぎこちなさのせいかなぁ?
posted by gako at 20:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。