2010年05月03日

「むやみに頑張らないこと」というエントリーを見つけた。

頑張ること、について考えてみる。
ちょうどテレビで、桑田真澄さんが1000本ノックを否定したところも見たし。

適度にやればいい、と両者は行っている。
適度、というのは適切な量だ。
過度な負荷はマイナスしか生まないということ。それは本人にも、周りにも。

あたしは正直、過度なストレスにさらされた毎日を送っている。
過度な作業量とね。
その中で、自分を保ちながら何とかやっている。
さすがにもう疲れて力が出ないけど、
だからといってこれまでの人生が間違っていたとは思っていない。
なぜなら、おかげであたしは、それまでの自分から脱皮できたから。

自分が限界と思っているところは、実は限界ではなかったということを
知るためには、限界と思っているところを突破することが必要。
そこには、過度な外的要因があることがほとんどだと思う。

でもそこに一つだけ重要な要素があるとするならば、
自らが進んでそれに立ち向かう「何か」があること。
その「何か」のために頑張る。だから、頑張れる。
だから問題は、量ではないと思っている。

「何か」はなんでもいい。

自分のためでも、人のためでも、名誉のためでも、お金のためでも。
何でもいいが、なければいけない。

過度でもいいんだよ。それが未来につながると思えれば。
一番辛いのは、未来につながると信じていないのに、過度であること。

今のあたしの仕事っぷりには、、、未来がないんだよなぁ。

むやみに頑張らないこと - 悪態のプログラマ
posted by gako at 18:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。