2010年02月07日

会社、とは?

私は、ある人が作った会社にいます。
当たり前なんだけど、でもこういう表現がしっくりくる。

でも、私が知っているその人の想いと、今が違ってきている。

不況のあおりを受けて、会社もかなりやばい状態が続いていて。
仕事を取ってこなきゃいけないけど、今までそんな風に動いた
ことがなかったから、なかなかうまくいかなくって。

で、本格的にやばいんです。

今まではね、一度採用したからには責任を持って最後まで
ってのが口癖だった。し、私もそうだと信じていた。

だけど、現実問題は違ってね。
だって、会社がつぶれるか存続するかの瀬戸際なんだもん。
そりゃ、「最後まで」なんてキレイゴト言う前に
会社の体力を回復させないとね。

と、いうのは、理屈では分かる。

今英断をするのであれば、幹部の引責辞任なんだろうね。
そして、残るものは?

体力も失って、その体力を生み出せる人材も失って
残るものって、なんでしょう。

でもきっと、社長の中では答えが出ている。
だって、「相談」ではないもん。いつでも「通達」だもんね。

そう、社長が作った会社に、いさせてもらっているだけ。
だから社長の決断は絶対だし、逆に社長から「相談」を受ける
ことなんてありえない。
そんな感覚すら、なくしてしまいました。

だけど、昔は「相談」だったはずなんだ。
いつしか相談するほどの相手でもなくなり、
いつしか会社にいなくてもいい人材になり。

お互いの信頼関係が大事というけれど
そんな風に言われたのであれば、信頼なんぞ生まれない。

だからきっと、社長の中では「解散」することがほぼ確定
なんでしょうね。

仕事とってくるより、次の仕事先を探すほうが懸命かもしれません。
posted by gako at 18:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。