2008年10月04日

[book][★★★★★]歌野 晶午/葉桜の季節に君を想うということ

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
著者:歌野 晶午
販売元:文藝春秋
発売日:2007-05
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


いやぁ、こんなにも「やられた」と思ったことはありません。

途中から、なんだか怪しいという気はしてましたよ?
でも、どう怪しいのか、までは想像が付きませんでした。

言葉って、難しい。
言われてみれば、何も間違ってはいないんです。
間違っているのは、私の先入観。
おばあさんが、自分の旦那を「おじいさん」と呼んでも
まったく不思議ではないですよね?
そういうちょっとした勘違い。
これほどまでに巧みに、活字の世界でだましきる著者は
どんな人物なんでしょう?
他の本も読んでみたくなりました。

爽快感。これにつきますね!

posted by gako at 08:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431703978

この記事へのトラックバック