2008年07月05日

[book][★★★★★]伊坂幸太郎/重力ピエロ

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
発売日:2006-06
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


これは、考えさせられました。
春、という人間の存在。

伊坂幸太郎の小説は何冊か読んでますが、
伏線が少しずつつながっていく感じは、やっぱり読んでて
爽快でした。

私が春の父親だったら、母親だったら、兄だったら。
どういう選択をとるのでしょう。
そして春自身だったら、、、

ここに出てくるそれぞれの人物は、それぞれが
かっこいい生き方をしています。
失敗も、間違いも犯すけど、そういう次元じゃなくて。
自らがしっかり生きていこうとしている。
お互いを気遣い、助け合い、前を向いて歩いている。
その姿がとても伝わってきて、元気をもらいました。

私も春の母親のように、全てを理解したうえで
「気休めが大事なの」と笑って言えるくらい
強い人間になりたいですね。
posted by gako at 10:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。