2008年03月21日

[book][★★★★☆]木内 一裕/藁の盾

藁の楯 (講談社文庫)藁の楯 (講談社文庫)
著者:木内 一裕
販売元:講談社
発売日:2007-10-16
クチコミを見る


読み終えた最初は、銘苅という男のかっこよさに惹かれました。
が、思い返してみると、その行動の意味を問いたくなる。

人が何かをする時は、必ずそこに目的があると思います。
でも、人間の屑を守る目的は?仕事だから?
命を懸けて、少女を惨殺した殺人鬼を守ることに、何の意味があるのでしょう。
たしかに命懸けで何かをする人はかっこいいと思う。
だけど、それによって、銘苅自身が得たものは何だったのでしょうか。
男のロマン?

あ、誤解があるといけないんで。
フィクションとしてとても楽しめました!面白かったです。
posted by gako at 14:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431703956

この記事へのトラックバック