2005年05月29日

〔object〕ドイツワイン

久しぶりにワインを飲みました。
わたしが好きなのは、ドイツのワイン。
ドイツワインというと、白の甘口で有名です。
「マドンナ」って言ったら聞いたことある人多いのかな。

わたしがドイツワインを飲みだしたのは大学に入ってから。
所属していた団体でドイツワインが流行ってて、そこでいろいろ教えてもらいました。
ワインを知ってるっていうとかっこいい!というミーハーな気持ちと、
甘いワインっていうのがすごく新鮮且つおいしかったので興味を持ったんですよね。
知っているといっても、一般的なことしか知りません。
ワインの銘柄は覚えないし、買うときはいつも糖級とラベルの感じと値段で決めちゃうので。
最近は産地もちょっと気にするようになったかな。

わたしが好んで飲むのは3,000円前後のワイン。値段で選ぶのはどうかという意見も
あるかもしれませんが、同じ銘柄でも年代によって値段が違うし、
味に比例して値段設定してある気がするので、よっぽどでない限りハズレは引きません。
これより高いワインは、10,000円前後までいかないとわたしにはその値段分の満足度が
得られないので、あまり手を出しません。

参考までにちょっとだけ糖級の話をしようと思ったのですが、
詳しいHPを見つけたので、こちらを参考に。
↓↓
http://www.japan.germanwine.de/quality/

ちなみに、甘いワインが飲みたい場合は、Ausleseという糖級のワインがオススメです。
それ以上の糖級になると、だんだん甘さが濃くなって蜂蜜のようになってきます。
わたしはSpaetleseかKabinettあたりを好んで飲んでます。
posted by gako at 16:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | fun | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ゲオルグ・アルブレヒト・シュナイダー・ニ
Excerpt: もう少し、ドイツ白ワインならではの、「甘くてコクがあるけどすっきり」感がほしかった。なんとなく、単なる甘口ワインという感じが。。でも、お値段からすれば十分なレベルです。全世界で一番お気に入りの白ワイン..
Weblog: DVDレコーダー(デジタルチューナー無し)の厳選紹介
Tracked: 2007-08-28 19:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。