2006年10月14日

〔movie〕バニラ・スカイ

★★★★☆

VANILLA SKY(2001年・米)

B00005S0EQバニラ・スカイ
サントラ R.E.M. レディオヘッド
ワーナーミュージック・ジャパン 2001-12-19

by G-Tools


人はさらなる夢に手を伸ばす それがたとえ悪夢であっても…

***********************************************************
マンハッタンの豪華アパートメントに暮らす、
ニューヨークの大手出版会社の若手実力者デヴィッド。
ハンサムで富みも名声も手にしている彼は、美人のジュリーと
カジュアル・セックスを楽しんでいた。
しかしパーティで親友が連れてきた女性ソフィアに一目惚れし、
彼女を口説こうとする。
そんなデヴィッドの心変わりに気付いたジュリーは、嫉妬から無理心中を図る。
なんとかデヴィッドは生き延びるが、事故のせいで醜い顔になってしまうのだった...。
***********************************************************

バニラ・スカイ@映画生活
バニラ・スカイ@allcinema

公開当初、「Open your eyes」というフレーズがとても気になって
観ようと思っていたのに観損ねた映画でした。
前に観た「ザ・エージェント」同様、華やかな世界から一気にどん底に落とされる
ストーリーですね。ただこの映画は、社会的立場に変化はありませんでしたが。

いろいろ場面が交錯するので、「ん?」と思いながら観てましたが
最後にそのわけがわかって納得。
でも、気づいたら夢だったなんて、かなり衝撃的ですよね。
いくら自分が望んだことだったとはいえ、そんなことは忘れてしまっているし。
結局は潜在意識に邪魔されて、いい夢が悪い夢になったわけですが
そんなところが、科学技術の解明できない人間の神秘って感じがして好きですね。
たとえ夢とはいえ、ハッピーエンドじゃ興醒めしちゃうしね。

ペネロペ・クルスの出演している映画ってどれも好きじゃなかったんですが
この映画は別でした。ハリウッド映画だからかなぁ?
かわいらしくて、はまり役だと思いました。
posted by gako at 19:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔は〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。