2006年07月19日

〔movie〕エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

L'Impero dei Lupi(2005年・仏)

★★★☆☆
B000FAHGQQエンパイア・オブ・ザ・ウルフ
ジャン=クリストフ・グランジェ クリス・ナオン ジャン・レノ
日活 2006-07-07

by G-Tools

二人が出遭うとき
フランス最恐の“タブー”が破られる――


***************************************************
パリのトルコ人街で猟奇殺人の3人目の犠牲者が発見された。
被害者はいずれも不法滞在のトルコ移民の若い女性で、
顔が切り刻まれていた。手がかりがない中、
刑事ポールは汚職や殺人の疑いがある刑事シフェールの助けを
借りることになる。シフェールはトルコ人街の裏社会に通じ、
やがて事件は「灰色の狼」に結びつく。
一方、高級官僚の妻アンナは、自分の記憶障害に悩んでいた。
アンナと事件が結びつく時、すべての謎が解明される。
***************************************************
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ@映画生活
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ@allcinema
Official Web Site(Japan)
Official Web Site(France)

アンナが自分の正体に気づくまでは丁寧に描かれていたと
思ったのですが、それ以降は急に展開が早くなり、
話の内容がよくわからなくなっていきました。
前半部分おもしろかっただけに、ちょっと残念な気がしました。

結局、シフェールはいい人だったのでしょうか?
アンナとは?いつ手を結んだの??
謎は深まるばかりです。

最近はミニシアター系の映画ばかりを好んで観ていたので
久しぶりにメジャーどころの映画を見ました。
やっぱりスケールが違いますね。
これはこれでおもしろいかも、と再認識。
避けてた部分もあるので、たまにはメジャーどころを狙って
観て行こうかと思います♪
posted by gako at 21:05| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みるくが日活で記憶しないです。
一方きのうエンパイアで、移民するつもりだった?
Posted by BlogPetのみるく at 2006年07月22日 14:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ 06年146本目
Excerpt: エンパイア・オブ・ザ・ウルフ EMPIRE OF THE WOLVES 2005年 フランス  クリス・ナオン 監督  クリストフ・グランジェ(クリムゾン・リバー)原作ジャン・レノ 、アーリー・ジョ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-08-02 11:18

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ
Excerpt: story  「クリムゾン・リバー」の原作者ジャン=クリストフ・グランジェと主演のジャン・レノが再びタッグを組んだミステリー・アクション。原作はグランジェの『狼の帝国』。パリを舞台に、記憶喪..
Weblog: 土曜の夜は・・・
Tracked: 2006-09-01 08:02

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ:映画
Excerpt: 今回紹介する映画は、ジャン・レノ主演のミステリーアクション作品の「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」です。 エンパイア・オブ・ザ・ウルフ:ストーリーパリのトルコ人街で猟奇殺人の3人目の犠牲者が発見さ..
Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌のグルメ紹介
Tracked: 2008-02-01 01:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。