2009年09月13日

[movie]アマルフィ 女神の報酬

★☆☆☆☆


アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD





事件の真相を求め、外交官・黒田がイタリアを駆ける。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
クリスマス目前のローマ。G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備で
バタバタの日本大使館に、外交官・黒田康作が赴任する。
秘密裏にG8テロ対策の命を帯びる黒田だったが、赴任直後に任されたのは
日本人少女失踪事件の通訳。しかし犯人から少女の母・紗江子の元に
かかってきた電話を受け、成り行きで父親だと名乗ってしまったことから、
紗江子の“偽りの夫”として事件に深く関与することに。誘拐犯との
身代金取引が違法の国で、黒田と紗江子はあえて犯人に指定された
取引に応じるが…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

アマルフィ 女神の報酬@映画生活
アマルフィ 女神の報酬@allcinema

久しぶりに映画館で映画を見ました。
前から気になっていたアマルフィ。
ただ、、、2時間枠では足りなかったのでは?という感想です。
なんだか補足が少なすぎていまいち感情移入できない。
もうちょっ何かを削って、
黒田の過去とか、藤井の過去とか、そういうものにもっと
焦点を当てたほうがよかったんじゃないの?
ストーリー重視な私としては、イタリアの町並みがどーのとか
あまり関係ないわけで。。。
それに犯人があんなにあっさりと殺害をあきらめるサマも
よくわからないし。本当はもっと長時間のやり取りの末、
あきらめると思うのですが。何年も恨んできて、結末がこれ?という
あっけなさ。うーん、つまり何が訴えたかったんだろう?

映像はきれいでしたよ。うん。
だから、映画にそういう「キレイさ」を求める人には
いいんじゃないかな。
その点はスクリーンで見たほうがいいかもしれない。
posted by gako at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie〔あ〕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。