2007年03月23日

〔book〕安達千夏/モルヒネ

★★★★☆


モルヒネ (祥伝社文庫)

モルヒネ (祥伝社文庫)

  • 作者: 安達 千夏
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 文庫





本屋さんでお勧めの一冊になっていて。ずっと気になってました。でも、この本、賛否両論あるみたいですね。
たしかに、内容からして万人受けする物ではないと思います。

小さい頃母親が自殺し、姉は父親に殺された主人公が
死を望みながら、自分は死に行く人の世話をする仕事をしている。
ある時、かつての恋人が、勤務するホスピスにやって来た、という話。

読み終えて、悲しい人生だなって思いました。
小さい頃のトラウマから抜け出られずに、大人になっても死を望む
そんな人生は、悲しい。

わたしだって、順風満帆に生きてきた訳ではなく
暗い過去もあれば、暗い部分だってたくさん持っている。
だけど、
今は太陽みたいな人になりたいと思ってます。
真逆な気がするけど、
夜を知ってるからこそ、太陽のありがたさが分かる。

夜を知らない人は、世の中は常に明るいと思っているでしょう?
それじゃ、ダメなんです。
それじゃ、半分しか理解できない。

つらい過去は、絶対自分のプラスになると思います。
それを、受け止められなかった主人公は、きっとこの先も悲しい人生を
歩むんでしょうね。
わたしがそばにいたら、そんな人を支えてあげられるでしょうか?

自分を大切に思ってくれている人の手を握りしめる事もできず、
自分と同じ境遇の人に自分を投影し、感傷に浸り。

でもね、
そんな人生、楽しい?

そう聞いてみたい。
posted by gako at 16:18| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
発売するの?
Posted by BlogPetのみるく at 2010年01月11日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137909947

この記事へのトラックバック