2005年12月01日

〔book〕石田衣良/スローグッドバイ

4087478165スローグッドバイ
石田 衣良
集英社 2005-05-20

by G-Tools


「泣かない」「十五分」「You look good to me」
「フリフリ」「真珠のコップ」「夢のキャッチャー」
「ローマンホリデイ」「ハートレス」
「線のよろこび」「スローグッドバイ」
の10篇の短編恋愛小説を収録。

「ハートレス」「線のよろこび」以外の8篇は、男性が主人公で男性の視線。
どの話も、ちょっとした合間に読めるものばかりです。

男性の視線って、面白いですよね。
わたしには知り得ない世界で。
だから男性作家の作品のほうが好きなのかもしれません。
さっぱりしてるし、未知の世界。
わたしも何か書いてみようかなーと思ったりしますけど
男性作家の作品ばっかり読んでいるせいか、
視点はいつも男性寄りになっちゃいます。
でも途中でうまく書けなくなっていつも挫折してますが。。。

わたしがこの本の中で一番好きなのは、「夢のキャッチャー」という話です。
6年付き合っている彼女があるときシナリオライターに目覚め、
仕事をしながら養成学校に通い、それなりの才能を発揮して
新人作家オーディションで特別賞を受賞する、という話。
主人公の「僕」は普通のサラリーマンで、親のコネで会社に就職。
夢を追う彼女を見て、自分は彼女が落ちてきたときに受け止める
マットになろう、と思うようになる。
しかし彼女はその才能をどんどん開花させていき、
いっこうに落ちる気配がない。
次第にこのまま彼女は階段を登っていき、自分には手の届かない存在に
なるんじゃないかと思いはじめ、不安を感じるようになっていく。

主人公の彼はよっぽど、彼女を愛しているんでしょうね。
彼女に押されっぱなしで、休日やデートがシナリオ書きで
つぶれても怒らない。彼女の邪魔にならないようにと
あれやこれや気を使う。
一方彼女は、そんなことお構いなしに、夢の実現にひた走ります。
だけど、彼女が夢に向かって突っ走れたのも、彼がいたからだと思います。
どんな姿も受け入れてもらえる安心感、だからこそ好きなように出来たはずです。
これって、とても重要だと思っています。
信頼感と安心感。
でもわたしは安心しすぎるところがあるので、少しは心配してあげようかな。
決して「安心する=大事にしない」ということではないですが。
posted by gako at 19:45| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(8) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪

男は、好きな女のワガママはよく聞くよ。
僕もそうでしたっ。
でもいったん、その女性の心も体も全て支配してしまうと興味が薄れてしまいます。

恋愛は難しいです。

愛言葉行きま〜す、ポチッと!
Posted by ニュータイプ at 2005年12月02日 12:55
>ニュータイプさん

こんばんわ。
男と女って、ずいぶん違うんですね。
貴重なご意見、参考にさせていただきまっす。
φ(..)メモメモ
全て支配されないようにしなければ
いけないのですねー。気をつけないと。
Posted by ガコ at 2005年12月02日 21:51
はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
なにか自分でも書いてみようと思うのでしたら是非がんばってくださいね。
僕も自分のブログでショートストーリーの創作を始めました。
プロではないので、下手でもかまわないやという気持ちで書いたのでとても楽しんで書けましたよ。
それも同時にトラバさせてもらいますね。
ではでは、がんばって^^
Posted by ヒサオ at 2005年12月04日 00:16
>ヒサオさん

TB&コメントありがとうございます。
ショートストーリー創作してるんですね?
あとでゆっくり読ませていただきます。

わたしはまだ物語の断片が頭に浮かんでる程度なので
書くところまではなかなかいかず、、、
でもがんばって何か形にしてみます。
出来たときはブログに載せますので
是非また遊びに来てくださいね。
Posted by ガコ at 2005年12月04日 13:03
TBありがとうございます。
石田衣良さんの作品はやっぱりおもしろい!私はあまり恋愛小説は読まないのですが、この作品はよかったです♪
Posted by bambi at 2005年12月05日 15:19
>bambiさん

TB&コメントありがとうございます。
男性作家の書く恋愛小説は結構すっきりしているものが多いと思いますよー。
他の人のも是非読んでみてください。
Posted by ガコ at 2005年12月05日 17:37
ガコさん初めまして!
ほぼ日手帳でググってたら、ここへ辿り着きましたw。

そしてなんと、普段は小説を読まぬ私が唯一読んでいる石田氏作品が載ってるとは!

「スローグッドバイ」で一番好きな作品は「真珠のコップ」ですねー。

あとは表題の「スローグッドバイ」に登場した中華料理屋「新新」は、ほんとに横浜中華街にあったので、先日食べに行ってきました♪

mixiは私も登録してますので、次回はそちらでもお話しできれば嬉しいですね。
Posted by reinoda at 2005年12月10日 02:57
>reinodaさん
はじめまして。
石田衣良さんの本って、おもしろいですよね。
今までにも何冊か読みましたよ。
「新新」はほんとにあるんですか?
今度行ってみようかなぁ。

ではまた、mixiでもお会いしましょう。

Posted by ガコ@管理人 at 2005年12月10日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

石田衣良『スローグッドバイ』集英社文庫
Excerpt: 恋愛短編集。どの話も男女の爽やかな出会いと 別れを描いていて、読み終わると心が温かくなるような優しい感じが漂っている。一番心に残ったのは、友人カップルの前で体裁を整えるために恋人同士の振りをしていた..
Weblog: 活字の宇宙へと
Tracked: 2005-12-01 20:27

『スローグッドバイ』@石田衣良
Excerpt: 石田 衣良: スローグッドバイ(★★★★) 税込価格:\480出版:集英社文庫
Weblog: NO ・・・,NO LIFE
Tracked: 2005-12-02 01:20

スローグッドバイ
Excerpt: スローグッドバイ 石田 衣良 直木賞作家、石田衣良による、20代の男女を描いた恋愛小説集。 恋愛小説を読むようになったのはいつのころからでしょうか。 昔は、ミステリばかり読んでいた..
Weblog: Schrodinger Cafe
Tracked: 2005-12-04 00:18

眼鏡
Excerpt:  眼鏡を忘れたのに気づいたのは、右手にキャラメル味のポップコーン、左手にLサイズのコカコーラを持った状態で、劇場真ん中の列の後方寄りのシートに座ったときだった。俊夫は軽く舌打ちをして天を仰いだ。  ..
Weblog: Schrodinger Cafe
Tracked: 2005-12-04 00:18

スローグッドバイ
Excerpt: 石田衣良さんの作品です。
Weblog: のほほん日記
Tracked: 2005-12-05 15:16

スローグッドバイ / slow goodbye
Excerpt: 今日も終電での帰宅でした。駅に向かう途中、電車で読むものを用意してこなかったことに気付いて、こんな時間も営業しているTSUTAYA新橋店の1階書籍売り場に向かいました。 しばらく眺めていると..
Weblog: tommy's blog
Tracked: 2005-12-06 20:17

スローグッドバイ<石田衣良>−(本:2007年76冊目)−
Excerpt: スローグッドバイ 出版社: 集英社 (2005/5/20) ISBN-10: 4087478165 評価:81点 先日、有楽町のビックカメラのテレビ売り場をブラブラしていたら、著者が画..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-08-04 16:15

「スローグッドバイ」
Excerpt: 「スローグッドバイ」    石田 衣良:著 ???? 集英社文庫/2005.5.20/457円    通の人たちの少しだけ特別な恋を綴った10篇。 出会いから別れまでの一瞬..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2007-09-14 16:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。