2005年11月30日

〔book〕本多孝好/MOMENT

4087478599MOMENT
本多 孝好
集英社 2005-09

by G-Tools


『人生の終わりに、人は誰を想うのだろう』

**********************
その病院には、死を目前にした人の前だけに現れて
その人の願いを叶えてくれるという必殺仕事人伝説があった。
その病院で掃除夫のバイトをしていた「僕」は、
あるきっかけで、入院中のおばあさんの人探しを手伝う事になった。
それ以来、必殺仕事人は掃除夫の男と、噂がすりかわっていった。
おばあさんから想定以上のバイト代をもらったことから
「僕」は、何人かの願いの手伝いをした。
しかし本当の必殺仕事人が誰なのか、なぜ死を目前にした人の前にしか
現れないのか、それを知った「僕」は最後の一人の願いの邪魔をする。
**********************

死を前にしたら、誰に会いたいですか?
この物語に出てくる人は皆、一癖も二癖もある人ばかり。
その誰からも、自分という人間を別な誰かに残しておきたい
という気持ちが見えました。
それは今身近にいる誰かではなく、かつて接触のあった誰か。
良くも悪くも、思い入れのある誰か。
最期だから、もう二度と機会がないから、どうしてもと思ったのでしょう。
でも本当はそれが誰でもよく、最期に近くにいたのが掃除夫だったので
願いを叶えてもらうのを口実にその男にくらいは覚えておいてもらいたいと
思ったのでは、という気がしています。

わたしだったら誰なんでしょう?
もし余命1ヶ月と知ったら、それがどうやっても覆らないとわかったら
会いたい人は?やりたいことは??

やりたいことは山ほどある。
でも所在を突きとめてまで会いたい人ってのはいないかなぁ。
あえて挙げるとすれば、中学のとき好きだった部活の顧問の先生でしょうか?
そのときの先生と同じくらいの年になったので、大人になったわたしを
見てもらいたいなぁという気がします。
でも、病気のわたしはあまり見せたくないような気もしますね。

命があと1ヶ月しかもたないとしたら、どうするのか。
たまには考えてみたらいいのでは?と思います。
そうすると自分にとって大切な事はなんなのか見えてきますし。
それと現状を照らし合わせて、ずれているのなら修正すればいい、
そのとおりならば突き進めばいい。
本当にそんな状況が来てしまったときに、少しでも後悔の念が減らせるように
時々はね、自分というものを振り返ったらどうでしょう?


本多孝好さん本は、好きで数冊持っています。
でも、なぜか内容が思い出せないものばかり。
それがなぜなのか、読み返したらわかるかもしれないので
もう一回読んでみたいと思っています。
posted by gako at 17:00| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(10) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、TBありがとうございました。

私は本多さんの書く文章がとても好きで
読み返すことが多いのですが
「MOMENT」は特に好きな作品です。
こちらからもTBさせていただきました。
Posted by ひろ at 2005年11月30日 22:22
こんばんわ。
トラバありがとうございます。

ボクは「Alone Together」をきっかけに本田さんの作品を読み始めました。
今では全作品読んでしまうというハマリっぷりですww
特に、本田さんの描く女性像が好きですね。
Posted by トシ at 2005年11月30日 23:39
こんばんは♪

死を前にした場合に、誰に会いたいか?
う〜ん、僕は一度死んでしまった人間だけど、そのような余裕はなかったでポチッと!
Posted by ニュータイプ at 2005年12月01日 01:45
TBありがとうございます
死ぬ前にあいた人も、やりたいことも今は思えます。でも本当にそうなったら・・何にもできないでしょうね、多分・・・
Posted by zattchi at 2005年12月01日 11:11
>ひろさん

TB&コメントありがとうございます。
このMOMENTは、知らない間に出版されてて友達から借りたんです。
面白くて一気に読んでしまいました。
Posted by ガコ at 2005年12月01日 11:59
>トシさん

TB&コメントありがとうございます。
わたしも「Alone Together」がきっかけでした。
でも、内容を覚えていないありさま、、、
また読み直して感想書きたいと思います!
Posted by ガコ at 2005年12月01日 11:59
>ニュータイプさん

病気されてたんですね。
実際は考える余裕などないのかもしれませんね。。。
わたしもポチッとしときました♪
Posted by ガコ at 2005年12月01日 12:00
>zattchiさん

TB&コメントありがとうございます。
本当にそうなったら、
現実と向き合う事に精一杯かも。。。
だから元気な今を、精一杯生きたいと思ってます。
Posted by ガコ at 2005年12月01日 12:00
TBありがとうございます。
本田さんの作品は以前から気にはなっていたのですが、読むのはこれが初めてでした。

死に直面した時に、実際自分なら何を思うんだろう…と、つい考えてみたくなった一冊、です。
Posted by JT at 2005年12月03日 06:11
>JTさん

MOMENT以外の本も、
それぞれに考えさせられるところがあって面白いですよ。
是非読んでみてください。
Posted by ガコ at 2005年12月04日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10007095

この記事へのトラックバック

MOMENT*本多孝好
Excerpt: ☆☆☆☆・  あの病院にはね、以前から語り継がれている  一つの噂話があったんだ・・・・・  そして僕は、死を前にした人たちの願いを一つずつ叶えていく。  心に残る物語と
Weblog: +++ こんな一冊 +++
Tracked: 2005-11-30 17:48

本多孝好「MOMENT」文庫化+集英社特別企画
Excerpt: 私が「好きな作家は誰ですか?」と聞かれたときにまず名前を挙げる 本多孝好さんの「MOMENT」が文庫化されたようです。 ちなみに、この作品が本多作品の中でも特に好きな私は、単行本を2冊..
Weblog: キラキラヒカル
Tracked: 2005-11-30 22:16

◎◎「MOMENT」 本多孝好 集英社 1680円 2002/8
Excerpt:  またしても、今この原稿を書いているのは鹿児島の書斎。一昨日から、久々の娘たちとの時間を堪能している評者である。気付いたのだが、子供っていうのは(娘二人は小学4年生と1年生)会話の間が空く気まずさとい..
Weblog: 「本のことども」by聖月
Tracked: 2005-11-30 23:25

「MOMENT」
Excerpt: 「MOMENT」本多孝好 story  大学4年生の僕。病院の清掃業務のバイトをしている。この病院には死に直面したときに最後の願いを叶えてくれる人がいるという噂があった。あるひょんなことから、ある..
Weblog: ミチミチ
Tracked: 2005-12-01 11:10

MOMENT
Excerpt: 本多 孝好 MOMENT 短編が集まっている感じだったので、読みやすかったですね。 日常を侵害されないので(笑) 長編のものだと、読み終わるまでで一日が終わってしまう…。 さ..
Weblog: 乱読日記
Tracked: 2005-12-02 22:12

小説:MOMENT
Excerpt: 本田孝好
Weblog: f-breeze
Tracked: 2005-12-03 06:12

MOMENT(本多 孝好)を読んでみました。
Excerpt: 渋谷の交差点近くにあるTSUTAYAにふと立ち寄り、買ってみました。注目作家!みたいな書き方をされてたけど良くわからず、ただ表紙の綺麗さと短編集なら読みやすいだろうと手に取りました。この表紙の「MOM..
Weblog: らふらんす日記
Tracked: 2006-01-11 00:41

「MOMENTO」 本多孝好
Excerpt: < 病院の噂話の物語 > 〜あの病院にはね、以前から語り継がれている一つの噂話があったんだ・・・〜 死を目前にした人間の願い事を一つだけ実現してくれるというそんなありがたい人間が病院内に..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2006-01-12 13:07

「MOMENT」
Excerpt: あなたが余命を宣告されてしまい、 たった一つだけ願い事が叶うとしたら、 何を願いますか? その願い事は、魔法じゃなくて実現可能なことに 限ります。 先月の旅のお供に読んだ文庫本..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2007-12-05 13:59

最期の願い
Excerpt: 小説「MOMENT」を読みました。 著者は 本多 孝好 病院でバイトをしている男 彼は 末期患者の最期の願いを叶える・・・ 一見 感動路線かと思うが そうではなくて 哀しく 深い ストーリー ..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2011-10-30 18:42