2012年10月03日

仕事

先月末で、ひとつのプロジェクトを去ることとなりました。
プロジェクトとしては来月末まで続くのですが、契約の都合上
私は先月いっぱい。

久しぶりに、なんとかしなければと奮起したプロジェクトでした。
待遇に文句を言ったり、仲間に愚痴ったり、いろいろありましたが、
みんなで作り上げている、という感覚は常にありました。
最初から尊敬していた方々と、最後はプライベートで会えるほどの
仲になれたことも、私としては大収穫でした。

本当は、本音は
今ここでプロジェクトを去りたくはない。
ここまで自分のほぼ全てを費やしてきたものを、場所を、失いたくはない。
みんなと楽しくやってきた日々を、なくしたくはない。
けど。

最後に、尊敬していた方からメールいただきました。

あなたがいなければ、ここまではこれなかった、と。
今抜けられるのは本当に厳しいし、不安だし、寂しい、と。
だけど、腐らずに前を向いて、あなたの頑張りに報いるために私も頑張る、と。

涙が出そうでした。

だから、私も、未来に向かって頑張りたいと思います。

いつか、また、一緒に仕事が出来ることを願って。
posted by gako at 07:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

[movie][★★★☆☆]ディア・ドクター

ディア・ドクター [DVD]ディア・ドクター [DVD]
出演:笑福亭鶴瓶
販売元:バンダイビジュアル
(2010-01-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


その嘘は、罪ですか。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
山あいの小さな村。
数年前、長らく無医村だったこの地に着任して以来、村人から絶大な
信頼を寄せられている医師、伊野治。
そんな彼のもとに、東京の医大を卒業した青年・相馬が研修医としてやって来る。
最初はへき地の厳しい現実に戸惑い、困惑する相馬だったが、
村の人々に親身になって献身的に接する伊野の姿に次第に共感を覚え、
日々の生活にも充実感を抱き始めていく。
そんなある日、一人暮らしの未亡人かづ子を診療することになった伊野。
病気のことを都会で医師をしている娘に知られたくないからと、
かづ子から一緒に嘘をついてほしいと頼まれる。
しかし、それを引き受けたばかりに、伊野は次第に追い込まれていくことになり…。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ディア・ドクター@ぴあ映画生活
ディア・ドクター@allcinema

以前、「ゆれる」を見ました。おなじ監督さんだということで、こちらも見ました。
「ゆれる」ほどの心の揺さぶりはありませんでしたが、、、

難しい問題ですよね、無医村に医師が来るって。

村の人たちは、本当の医師でなくても、自分たちを見てくれる、診断してくれる人が
欲しかったのかもしれません。

最初はお金目当てだった。でも、ちょっとした気遣い・やさしさが
ものすごく受け入れられた。
だから彼も、医者であろうとしたんでしょうね。
見よう見まねでも、彼らの心の支えであろうとした。

だけど、嘘をつき続けられなくなったのは、
大切な人が出来たからでしょう。
大切な人の前では、本当のことを言いたかった。
だから彼は、失踪した。

嘘は結局、人を裏切り、傷つけます。ゼロをイチにしてはいけないと思う。
どんなやさしさも、嘘は嘘。

そんなことを、考えました。
posted by gako at 15:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。