2011年09月09日

[movie][★★☆☆☆]地下鉄(メトロ)に乗って

地下鉄(メトロ)に乗って THXスタンダード・エディション [DVD]/堤真一,岡本綾,常盤貴子

¥3,990
Amazon.co.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
地下鉄から降りて外に出ると、そこは昭和39年10月5日だった。
東京オリンピック開催に沸く町。
長谷部真次は、さらに昭和21年の闇市にもタイムスリップ。
彼が出逢ったものとは……?
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地下鉄(メトロ)に乗って@ぴあ映画生活
地下鉄(メトロ)に乗って@allcinema

思っていたよりもずいぶんと重い映画だなぁ、というのが正直な感想。
もっとお気楽極楽タイムスリップかと思ったら、全然違いました。

恋人と、実は義兄弟でした〜なんて笑えない冗談と、
父親の、実はいい人っぷりと
うーん、いまいち話が飛び過ぎててついていけない、、、

彼女が自殺したのはなぜなのでしょう?
それがとっても謎です。
あの人は、幸せではなかったのでしょうか。

で、ぽっかりその人だけが入れ替わっている現在は、
どういうことなのでしょう。もしかして、全部夢?
それならつじつまがいく、、、かも。

ただ、
同じ年代の親に会うのは、ちょっと新鮮かもと思いました。
私の年には、もう私はいたわけで。
年老いた両親と、二人の子供がいて、かつ正社員で働いてた
母はバイタリティがあったんだろうなぁ。
自分にもまだ中学生の妹と小学生の弟がいて、そちらの面倒も
見なければいけなかったはずで。親戚の人との付き合いもあっただろうし、
今の私なんかに比べると、ずっとずっと制約が強かったんだろうなぁ。

その頃の母と話をしてみたい気もしました。

posted by gako at 00:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

[movie][★★★★★]孤高のメス

孤高のメス [DVD]/堤真一,夏川結衣,吉沢悠

¥4,935
Amazon.co.jp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1989年、ある地方都市の市民病院。患者より権威、体制を重んじ
手術もまともにできない医師が幅をきかせていたその病院に、
患者第一主義を貫く外科医、当麻鉄彦が赴任してくる。
“命“を何より重んじ己の信念を曲げず、当麻は次々と困難な
オペを成功させていくが……。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

孤高のメス@ぴあ映画生活
孤高のメス@allcinema

泣けはしませんでした。
でも、仕事ってなんだろうということを考えさせられました。

お医者さんは、なぜ医者をやっているのでしょう。
自分のミスが、患者を死なせるかもしれないのに。
そんな恐怖よりも、正義感が勝つのはなぜでしょう。

ただ患者を救いたいと、その想いってなにで出来ているのでしょうか。
家族が病気で死んだからって、家族が生き返るわけじゃない。
自分と同じ思いをさせたくないと思っても、その相手は赤の他人。

最近つくづく、自分って冷たい人間なのかなぁとも思います。
でも、考えちゃうんだよね。そんなふうに。

昔は、誰かの為にって思ったこともあります。
でも、私は、誰かの為じゃ想いが長続きしないってことを、
嫌というほど実感しました。
だからこそ、「何のために頑張るの?」を知りたい。
何のために、法を犯してまで、患者を助けたいと思うの?
正義感とか責任感とか、信じてない。自分が満足しなければ
何事も続けられないと思ってる。その、満足が何か知りたい。
名声?優越感?達成感??

当麻先生はそんな世界から縁遠いようだけど、絶対あるはずなんです。
その根底の想いが知りたかったなぁ、、、
posted by gako at 00:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。